上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梅雨明け前にアップ!

・・・と言っておけば、公約を守ったことになったのに

と思う今日この頃(西日本の話ね;^^)

というわけで、長らくお待たせ・・・どころか皆さん忘れてらっしゃるかもしれませんが(汗)

まずはダブルオーオーライザーをサイトの方にUPしました!

いや~、ポージングでコスれた箇所を延々とリタッチしまくったり、最初自然光(勿論天気は雨)で撮った画像百数十枚を結局ボツにして撮り直したり・・・
最後まで予定通りにいかない製作でしたね~;^^

今度ばらしてリタッチ作業を終えたら、もう多分組まないでそのまま梱包してオクへ・・・
という流れになるかと(クリアランスの修正もしないと・・・)
どちらにしても8月に入ってからになると思います。

シナンジュの方も撮影は終わっているので、もう少ししたらアップできるかと思います^^

BSでやってる「宇宙世紀大全」をチラ見しながら編集作業やってました;^^
「08小隊」はちゃんと見たことがなかったので楽しみにしてたんですけどね~

「ミラーズ・リポート」ってダイジェストですらなかったのね・・・
グフカスタムもEz8も1秒も登場せず・・・
スポンサーサイト
[ 2009/07/29 14:09 ] 1/100ダブルオーライザー | TB(0) | CM(5)

私は元気・・・でもないですが;^^

いや~、また随分と放置してしまいました・・・


別に、新型にやられて寝込んでいたわけではありませんよ;^^
実は最初の頃にニュースに名前が出た中に
我が母校があったりもしたんですが・・・(もう十数年間、近所にも行ってませんが)
この頃は通行人でマスクをしている人もほとんど見なくなりましたね~
(お店の従業員さん達は全員付けてます)
あの騒ぎの最中と逆で、周囲の人がしていないと自分も・・・
という心理が働いているのかなあ、と^^

風邪ではないんですが、ここしばらく
なんだかめまいのような症状が続いていて・・・
体が脈動に合わせて揺れているような気がします。
体温や血圧に異常はないんですがね~
日常生活に支障が出るほどでもないんですが、
問題は細かい作業をする時
ちょうど今の作業はほとんどがスジ彫りや細切りのプラ板貼りなので
いつもの倍神経を使います(汗)


まあ普段の状態でも大した精度じゃありませんけど・・・orz

そんな中ですが、オーライザーはなんとか一区切りつきました。
[ 2009/05/29 23:35 ] 1/100ダブルオーライザー | TB(0) | CM(8)

ソードも細マッチョ

最初に超ローカル情報から~

神戸・三宮センター街の手芸ビル?「ユザワヤ」2Fのレジ前で
ガンプラの投げ売りをやってます。
品数はそれ程多くはありませんが、軒並み50~60%以上安くなっているので
近郊にお住まいの方は一度チェックしてみては?

例えばPGのGP01(定価21000円)が、なんと7800円でした
(ただし1個だけなので、まだあるかどうか・・・)
私はパスしましたが、持ち帰る根性&作る気力がある方は是非^^



さて、ダブルオーはやっとこさ武器です;^^
まずはGNソードⅡ↓
oraizer44.jpg
なかなか上手く比較画像が撮れません・・・

刃の部分にプラ板を貼って削り込み、幅広のエッジが立った刃に。
砲口は開口してICソケット。
クリアパーツのセンサー部は全体を薄くした他、
より本体に密着するようにしてソードのラインと合わせました。
ホルダーとの接続は塗装ハゲ予防にネオジウム磁石で。
青色のカバーはぶっとい軸を切断して穴を埋めました。
oraizer45.jpg
連結モード用のグリップも差し替えで用意。
・・・はい、思いっきりあの方のパクリですね(汗)

oraizer46.jpg
あ・・・太ももが・・・orz
最初はホルダー側にも磁石を仕込んでいたのですが、
厚みがありすぎたのでデザインナイフの刃に変更。

ステンレスが一般的かと思いますが、ウチはこれを使ってます。
nantetu.jpg
仕事と兼用・・・というか、もっぱら模型メインで使っている(汗)軟鉄製の刃。
ステンに比べて切れ味と粘りがあって、プラにス~ッと食い込む感じ。
その代わり非常に刃こぼれしやすいですが、感触はイイですよ^^
手持ちの金属の中では、これが一番磁石にくっつきました。

ほとんど出番がなかったシールド。
oraizer47.jpg
それ程いじってませんが、全体に薄々になるよう工作しました。
oraizer48.jpg
肩のGNドライブとの接続部を一度切って、薄く削って再接着。
シールド同士の連結もネオジウムに・・・・って

これもパクリかい・・・(汗)

あ、でもでも一番下の画像の工作は一応オリジナル;^^
ヒジとの接続部をスイング引き出し式に変更。
実は設定画のギミックとは上下逆なんですが(汗)、
ヒジ穴との位置関係、キットのモールド等からこっちがよさげだったので。

で、例のアレですが・・・
[ 2009/05/02 00:54 ] 1/100ダブルオーライザー | TB(0) | CM(10)

明日のためにその二

そうそう、先日買いましたユニコーンの最新刊^^
どうも次の巻で完結しそうな感じですね~
1~2巻あたりはえらくスローペースで、本当に完結するのかちょっと心配になったものですが、
途中からテンポが良くなって断然面白くなってきたので、今は
「もう次で終わりか・・・」
と寂しい思いすらありますね~

前回のガトリング付きも、予約限定と言いつつ店頭に少し出ていたので
「もしかしたら・・・」と思っていたのですが、
tokusouban.jpg
結構沢山並んでましたね~^^
ガトとバズは両方ともシールドに取り付けられるみたいです。
シナの方はそんなに弄ってないので、多分素のままで装備できると思いますが・・・

ガトリングが結構いい値段で取引されていると聞いてちょっと揺らいでしまう・・・

そんな自分が・・・・・・











結構好き(爆)

でもせっかく2種類揃ってるからフル装備させたいのも確かなんですよね~




ま、それはともかくダブルオーの続き。

一番の特徴であるツインドライブですが、インストには

「1stシーズンのガンダムに搭載されていたGNドライブよりもコンパクトになっている」

と書かれています。

本当にそうなのか、ちょうど手元にエクシア用のがあるので比べてみましょう♪

oraizer32.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
言うまでもないと思いますが、左がエクシア、右がダブルオーのヤツです。
発光ギミックを仕込むために大きくなったのは分かりますが・・・orz
スタイリングを優先するなら発光をオミットする、というのもありだと思いますが、
今回はキットの構造を残す形で工作しています。
oraizer41.jpg
コーン内部のクリアパーツを挟まないで、先端部と基部を接着して削り込むことで
大きく飛び出した印象の緩和を狙っています。
スラスターのクリア部分は、付属のアクションベースの余剰パーツを加工してクリアグリーンに。
oraizer42.jpg
コーン周りは隙間が空いてしまったので、熱湯に漬けて曲げたプラ板をぐるっと貼り付けて一回り小さく。
シールドやオーライザーを接続するダボ穴にはカバーパーツを用意。
裏側はプラ板でふたをして、ジャンクパーツなどでそれっぽく;^^
肩側との接続部は「関節技ヘキサパイプ」に変更。
中のLEDに干渉しないギリギリの位置にセットして、ユニットがより肩側に近くなるようにしました。
oraizer40.jpg
肩の上に来る天板?パーツはこれだけ小型化しています。
ここをはじめ、強度が必要な箇所の軸はほとんどアルミ棒に置き換えました。


で、ながらくお待たせしました(待ってない?;^^)立ち姿はこんな感じ↓
[ 2009/04/21 20:52 ] 1/100ダブルオーライザー | TB(0) | CM(5)

明日のためにその一

いや~、毎度の事ですが更新サボってすみませんでした

いろいろと私用があったのと体調管理のミスもあってなんかいっぱいっぱいな感じ・・・

なんせ Yahoo!ゆうパックがサービス終了するって告知に半月以上気がつかなかった
使い勝手が良かったのに残念ですね
代替案は・・・今の所、やっぱりゆうパックかな~

さてダブルオーは腕部から。
oraizer26.jpg
肩アーマーはGNドライブとの兼ね合いを考えて小型化。
パーツの接合面で2mm程幅つめして、更に各部を削りこんでいます。
削りすぎて一部裏まで抜けちゃってますが・・・(汗)
肩軸を通す部分にはストフリのジャンクパーツを利用。
oraizer29.jpg
肩内部の円盤状ブロックはHGリ・ガズィから拝借して一回り小さく。
上腕は上の部分を5mmプラ棒からの削り出しに置き換えて(4つ同じ形状のものを作りました)、ラインの変更と延長を。
前腕はC面落としの他、プラ板を貼っては削りの繰り返しで、見た目より時間を掛けてライン変更しています。
手首の内部フレームはコトブキヤのABS関節で別パーツ化。
GNコンデンサは好みで少し小型化しています。
oraizer24.jpg
手首はおなじみMGウイングの可動指のものに加え、アストレアの平手を加工したものを用意しました(左手だけですが;^^)
18m級の平手なのに16m級のウイングより細い指って・・・(親指だけ異様に太かったので細く加工)
でもパッと見そんなに違和感ないでしょ?(汗)
oraizer27.jpg
oraizer28.jpg
ゴリラみたいな腕を他の部分に合わせて「シュッとした」感じになるように。
ディテは設定画やキット発売以前に電ホに掲載されたスクラッチ作例を参考に、ちょっとだけオラ風味を追加。

続いて脚部。
oraizer30.jpg
キットの脚部は太くて力強い・・・のかなぁ・・・
全体がパンパンに膨らんで足首が小さいと、なんかディ〇ニーアニメのマッチョ男の足みたい。
Mr.陰暮ディ古とか。
上に広がっている太もも上部のラインを先細りにして、ヒザアーマーは両側にプラ板を貼って幅増し。
oraizer31.jpg
太もも外装の位置を上にずらして分割線を一部変更。
この辺りはHJ作例のパクリです;^^
もうちょっとディティの少ない部分を補った方がいいかな?

足首は一番変えた所かもしれません。
oraizer39.jpg
この円盤の欠けた所は気になりますよね~
最初はHJ作例のようにパテで埋めようかと思ったんですが、精度を出すのが難しそうだったのでこうなりました↓
oraizer38.jpg
BJを切り落として上下をひっくり返し、欠けた部分に可動ギミックを詰め込んだわけです^^
これなら精度も出しやすいし、汚くなってもプラ板で隠せば問題なし!(爆)
ストフリ、フリーダムのジャンクを組み合わせて前後スイングを可能にしています。
oraizer35.jpg
前部のソールはプラ板で大型化、後部は内側にプラ板を貼って厚みを増しています。
oraizer36.jpg
洗浄前なのでちょっと汚いですが(汗)
肉抜き穴をマジスカで埋めてプラ部分との境界線にスジ彫り。
前後のソールと中央のメカ色部分は別パーツ化しました。
oraizer37.jpg
設定画を見るとつま先がこんな感じに動きそうだったんで、HGへイズルのヒジで可動式に改造。
足首自体の可動範囲は相当大きくなってます^^

長くなったので続きは明日ってことで(汗)
[ 2009/04/21 02:13 ] 1/100ダブルオーライザー | TB(0) | CM(2)