上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再開・・・いきなり工作終了

模型ネタを書くのが随分久しぶりな気がしますね~

クロスボーンはタイトル通り、ここで工作終了ということにしました。
まだまだいじりたいところはありますが、元々小改修のつもりでしたし・・・
DSCN0726.jpg

前回書いたように、今回はX-2仕様でいくことにしました。
といってもランサー以外だとアンテナくらいしか変更点はないのですが(汗)
DSCN0732.jpg

アゴにはHJ作例にもあった段差パーツを追加。
バルカンはツブシ玉ですが、ここに真鍮パイプを差し込む予定。
肩のアポジモーターは削り落として市販パーツとツブシ玉に。
胸部ダクトの彫りを深くするついでにちょっと形状変更。
DSCN0731.jpg

肩上部はややあっさりした印象だったので結構変えちゃいましたが、どうなることやら・・・
スラストバインダーの黄色い部分は市販パーツに変更しましたが、撮影のためだけにもう一回付けるのが面倒なのでそのままにしています(汗)
仮止めに最適だという「ピットマルチ」を文具店や模型店で探してみるんですが、見つからないですね~
他のピットシリーズは沢山あるんですけど・・・どれかで代用できないかな?
DSCN0729.jpg

肩アーマー内部が寂しかったので放熱フィンのようなものを追加しましたが、作りが甘かったと反省T T
フレームをくりぬいてもっと本格的にやれば、F91とのつながりとかも感じられたのに・・・(書いててやりたくなってきた・・・時間ないのに・・・)
DSCN0728.jpg

脚のスジ追加もごくごく軽め。
基本色がダークブルーなので、それほど目立たないでしょうし。
ホワイトやシルバーという手もありますが、今回はオーソドックスに。
DSCN0735.jpg

F91のビームシールドを取り付けられるようにしました。
「シンナープールにドボン」をやってみると、完全に色落ちする前にPET樹脂が白濁してきたので、半透明は断念(泣)
普通の軟質クリアパーツよりは耐性があるようですが・・・
DSCN0737.jpg

ものすご~く卑怯な気がする攻撃(笑)
ブランド・マーカーの先端はシャープ化。
スタンドは、F91のラフレシア支柱とHGキット付属の台座を小加工して制作しました。

現在分解して表面処理→洗浄→乾燥中。
分解中に気がつきました。

DSCN07380001.jpg

コアファイター全然手をつけてなかった・・・T T

とりあえず下部のインテーク?を市販パーツ+スリットプラ版に変更。
後はマスキングでなんとかなりそうです。

これからサフ吹きですが、現在仕事部屋兼塗装部屋を大量のワインボトルが占拠しているので、それを片付けてからになりそうですね~
ブースを使っていても多少は飛びますから・・・
スポンサーサイト

介護生活が終わりました

この場で書くべきことかどうか迷ったのですが、一応近況報告ということで少しだけ書かせてていただきます。

昨晩、我が家の老犬が天寿を全うしました。
以前15歳と書きましたが、血統書を引っ張り出してみるとあと3日で15歳になるところでした。
突然下半身が麻痺し、慌てて動物病院に担ぎ込んで脳梗塞と診断されたのが約1年前。
その他にも、心臓や腎臓などが悪くなっており、時々病院で診てもらいながら薬による治療を続けていました。
先生には「悪くなったらすぐ入院させれば3年くらいは持つ」と言われたのですが、無理に延命治療を続けるのも当人にとっていいかどうかわからないのと、病院に連れて行くこと自体が大きなストレスになる様子だったので、夏の前ごろに家族で話し合って、入院はさせず薬だけもらうことにしました。
正直なところ夏を乗り切れるとは思っていなかったのですが、食べ物などをいろいろ工夫したせいか思いのほか持ち直して、今まで良く頑張ってくれました。
前日まで足腰が弱っている以外は元気そうだったのですが、夜になって便の状態がいつもと違っていたのが気になっていました。
最後の日は朝から食事も水もとらず、ひたすら横になってじっとしていました。
ほとんど苦しむ様子もなく、勝手な想像ですが割と穏やかな最期だったのでは、と思っています。

撫でようとすると顔をそらす、散歩では腕がちぎれそうなくらい引っ張りまくる、予防接種に連れて行くと押さえた私の指にかみつく、となかなか難儀な子でしたが、とても充実した日々を過ごさせてくれました。

ちなみに名前は「太郎」(本当)。
「覚えやすい名前がいい」と母がつけたのですが、初めて名前を聞いた人のほとんどが爆笑してました^^
それだけに誰にでも一度で名前を覚えてもらえて、近所の人達からも気軽に声をかけていただくようになりましたが、私は何となく外で名前を呼ぶのが恥ずかしかったんですよね~
もっとたくさん呼んであげればよかった、とそれだけがちょっと心残りですね・・・




[ 2006/10/27 02:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

大人の休日と野球漫画

一昨日、高校時代の友人の結婚式に行ってきました。
かれこれ10年以上会っていなかったのですが、お相手の方も高校の同じ部活動仲間ということで、当時の仲間が久しぶりにそろいました。
半分同窓会のような雰囲気で我々はなかなか楽しかったのですが、新郎新婦は見ていて可哀想になるくらい忙しそうでしたね~

で、頂いた引き出物のカタログをめくっているとこんなものが↓
DSCN07200001.jpg

ガンプラって「大人の休日」のためのものだったのか・・・
しかも在庫処分品のような微妙なラインナップ;^^
ズゴックはちょっと心惹かれるものがありますが、作る暇なさそうですしね~
カーモデルも勉強にはなりそうですが・・・う~~ん・・・

その式の帰りに買ったのが、この最終巻。

DSCN07220001.jpg

ここ2~3年の間で、唯一全巻揃えた漫画がこの「ONE OUTS」でした。
野球漫画なんですが、努力とか友情で勝利する普通の野球ものを期待して読むとエラい目にあいます ;^^
主人公がとにかく悪党!
最速130kmのストレートだけ(裏技あり)を武器に、悪魔的な頭脳と心理操作術で相手を翻弄する姿はシビれますね~

話は大まかに言って、1アウト=500万、1失点=-5000万というとんでもない契約(計算上は最優秀投手でも大赤字)でオーナーから金を巻き上げる「ワンナウツ契約編」と、主人公・渡久地がオーナーになって弱小チームを優勝させようとする「オーナー編」に分かれていますが、私としては前半の「ワンナウツ契約編」のほうが面白かった気がします。
1失点が即破滅につながる状況で、相手チームだけでなくオーナーの妨害工作とも闘う緊張感がもうたまりません^^
後半でも渡久地の悪魔っぷりは楽しめますが、手段はともかく目的というか行動のベクトルがちょっと普通の野球漫画っぽくなったのが残念だったかな?(普通=王道も好きではあるんですが、この漫画の良さはちょっと違う気がするので)
なにより彩川オーナーという最高に憎たらしく魅力的な敵役が退場してしまったのが大きかった!
ナ〇ツネ似の球界のドン=ラスボスはあまり積極的に動かなかったしね~
それでも「最後の登板で主人公がボコボコに打たれる」という野球漫画らしからぬ終わり方(これには理由があるのですがネタバレになるので書きません;^^)で最後まで意表を突いてくれましたし、自分はそう思っているのですが「オーナー編は全てエピローグ」と考えるとこれ以上ないくらいきっちり完結していて、久々に「ラストまで読んで良かった」と思わせる作品でした。

ところで・・・って本当はこっちがメインのはずなんですが(汗)
クロボンはX-2にすることに決定しました。
詳細は次回・・・といってもそれほど変更点はないですが;^^
お楽しみに~
[ 2006/10/23 02:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

生きてます・・・

・・・更新が空いた時、よく↑のように言いますけど、ここの所は本当にこう言いたい状態です・・・
(;_ _)

わんこの介護が最近24時間体制になってまして・・・
1時間おきくらいの頻度でこちらを呼んで鳴くようになりました。
足腰が弱っているので立ち上がりたい時に呼ぶのですが、昼夜問わずに・・・というか夜の方が頻繁に呼ばれるので、もう自分が1日何時間寝ているのか見当も付かない状態です(眠)
おまけに風邪まで引いてしまって・・・まだ治りきってないです・・・

・・・はい、全部言い訳です(汗)
更新もプラも遅いですね~、我ながら・・・
DSCN07100001.jpg

さて、どこが変わったでしょう?
相変わらず間違い探しレベルのちまちま改修ですが・・・;^^
DSCN07120001.jpg

太ももの下部をエポパテで少し延長しました。
合わせてフクラハギ上部にプラ板を貼って、露出したヒザ関節を隠しています。
DSCN07140001.jpg

フレームは実は全くいじってません。
差し込み式になっている部分に2mmほど隙間を空けただけ(汗)
こうすると予想外の副産物が↓
DSCN07150001.jpg

太ももをさらに3mmほど引き出せるようになりました♪
フレームのモールドがちょうどストッパーになって、抜け落ちる心配はありません。
まあ、あまり意味はないかも・・・;^^
DSCN07060001.jpg

ヒジ周りが貧弱な気がしたので、前腕の白い装甲パーツを延長してフレームを少し隠しています。
可動にはほとんど支障はないと思います(180度曲げることなんてまずないし・・・)
背部のスラストバインダーは、肉抜き穴を埋めるついでにサイドのC面を潰して薄さを強調。
各部のバンダイエッジ消しのほか、バーニアの小型化と先端のフィン追加によってスリムでシャープな印象を目指しています。

DSCN07080001.jpg

頭部のトサカパーツ前面を、コミックや宮下版のように開口してスリットプラ板を仕込みます。
DSCN07070001.jpg

額パーツを付けるとあんまり分かりませんね~
ちなみに額パーツは頭部と接する面を削って飛び出た印象を緩和。
DSCN07040001.jpg

その他には、フロントスカートを奥に引っ込めてバンダイエッジを落としたり、ヒザ下~スネをなだらかなラインに調整したりしています。
太ももが先細りになってアンバランスかな?という気もしたのですが、ももの筋肉がパンパンに膨らんだ感じで、結構面白いプロポーションになったと思います。

さあ、やっと本体のディテ・・だ・・・ZZZ・・・

武器いじり中♪

「フォーミュラークロニクル」でご一緒させていただくさのすけさんのブログと相互リンクさせていただきました。
キットの良さを引き出す丁寧な工作と塗装が好印象です♪
過去ログを拝見すると、なんと某B社から制作依頼をされたこともあるとか!
高いレベルも納得です^^

ショットランサーはこんな風になってます。
DSCN06700001.jpg

これは基本構成なので、もうちょっとディテを足すと思います。
本体はコトブキヤの武器セットから。
グリップは・・・はい、F91のビーム・ランチャーです^^
ハーディに使うかどうかわかりませんが、一応確保してあるものからパクってきました♪
DSCN06710001.jpg

流用パーツが多いですね~(汗)
せっかくあるものですから使わないと・・・;^^
ランス後部の金属パーツは古い腕時計のリュウズを使用。
DSCN06690001.jpg

伸縮機構もこの通り♪
これは電磁加速なのかな?
スコープドッグのパンチみたいな炸薬式でもかっこいい気もしますが・・・
DSCN06740001.jpg

バスターガンのグリップはほとんど唯一の後ハメ加工ポイント。
マスキングか筆塗りで十分な気もしますが、今回はマイナスモールドの部分を切り離して、内部パーツのトリガーを少し削って後ハメにしました。
こういう曲線の切断には、デザインナイフで切れ目を入れてエナメル溶剤を流す「エナメル割り」を最近多用しているのですが、モデグラの記事みたいに綺麗にはなかなか割れないですね~
後処理で削りすぎるとパーツ同士の合いが悪くなったりするので要注意です・・・
DSCN06750001.jpg

この角度だと少し削るだけでスッポリはまります♪
DSCN06650001.jpg

ビーム・ザンバーの刃を薄々攻撃してみました。
ナイフで大まかに削って180→320→400とペーパーがけ。
ヤスリはまず使えません(泣)
かなりしんどいのでお勧めはしませんが、いい感じにはなったかと。
最終的には1200番までかけたいので、まだ先は長いです・・・

レッグヘビーなハーディ

ビーム・ザンバーの保持のほうは、makさんのブログを参考にさせていただき、なんとか解決しました;^^
DSCN06600001.jpg

様子を見ながら持ち手側の凹を広げていったのですが、広げすぎてしまったのでプラ板を貼って修正(汗)
グリップは細くすると同時により円筒に近い形状に。

クロボンと一緒に買った人も多いと思われるのがこれ↓
DSCN06590001.jpg

ベルガギロスのショットランサーです。
持たせてみるとやはりでかい&大味。
ランス部分以外は他から持ってくるかスクラッチかな?

一緒に購入したハーディガンも一応仮組みしました。
DSCN06470001.jpg

・・・・・うん・・・・まあ・・・・・
こんなもんでしょう・・・・・何分昔のキットですから・・・・

下半身や頭を18m級MSの感覚で作っていて、胴体部を無理やり小型化して15m級にした感じ。
でも個々のパーツの形状は悪くないですね。
パーツ構成も、バラバラに切り刻まなくても改修できそうな程度には分けられています。

DSCN06490001.jpg

アオリの構図だと迫力があって、このままでも悪くないかも?とか思ってしまいます;^^

やはり脚部のでかさが目立ちますね・・・
よく見るとSEED系っぽい意匠がちらほら。
設定身長無視なら、MGフリーダムあたりをベースに使った方が相性が良いかも知れませんね~(ちょうど在庫あるし・・・)

こちらは今年中の完成は無理かな?
ザク、クロボン、ゼータと控えてますから・・・(汗)

ドクロ仮組みだべぇ~~

なんかものすごく出遅れた感がありますが、MGクロボン仮組みしました。
DSCN06510001.jpg

F91が出た時、破損しやすいという話をあちこちで聞いていましたので、少しでも干渉しそうな部分や、後で外す予定のパーツを念入りに処理しながら組んでいきました。
場所によってはゆるゆるになってます(汗)
実際はそれほど神経質になることはなかったみたいですね~
塗装時に分解したい部分は、無理な力を加えなくてもちゃんと外せるように考えられているようです。
Z 2.0とは雲泥の差;^^

ギミックもプロポーションも想像以上で、本当に手を加えるところが見つからない・・・と言いたい所ですが、やはり気になるポイントはあります。

DSCN06530001.jpg

フロントスカートの位置が少し前に出すぎているような気がします。
シザー・アンカーのギミックがあるためでしょうが・・・
アンカー射出状態はヘタリやすいですし、人によっては差し替えをオミットすることも考えられますね~

:肩アーマーの上面の黒い部分がツライチになっている
これは元デザインがこうなので仕方ないのですが、なんとなく肩アーマーが「ただの箱」っぽく見えてしまいます。
前後に分割するモールドか、追加ディテールが欲しい所。
いっそ最近の流行で一部フレーム露出にするのもありか?
DSCN06540001.jpg

クロスボーンのキモといえるフレキシブル・スラストバインダー。
設定や過去の立体物と比べても何ら問題ないバランスですが、個人的にはもう少し長くてもいいかな、と言う感じ。
強度との兼ね合いでどうするかはこれから決めますが、それより大きな問題が一つ。
DSCN06550001.jpg

丸で囲った部分、よりによって細かいディテが集中するこの部分に、

さながらクレーターのようなものすごいヒケがあります。

それも四基のスラスターの同じ箇所、計八箇所 T T

私が買ったこのキットだけの現象なんでしょうか?
処理できないことはないのですが、黄色の小スラスターを削って市販パーツに置き換えた方が確実に楽です(泣)
まあ、塗り分けが一つ減るからいいか・・・

で、すでに指摘された方もおられますが最大の問題、というか明らかな欠陥↓
 DSCN06560001.jpg

ビーム・ザンバーまともに持てません(滝涙)
パチ組みのままではもちろん、持ち手の曲面を少し平らになるように削ってもこの通り。
しっかり握り込んでいないととかっこいいポーズはとれませんよね~
DSCN06580001.jpg

「・・・めんどくせえな・・・・殺っちまうか・・・・・・・」

別な意味で迫力のあるポーズにはなりますね・・・(汗)

入れ歯飛ばし!

ザクの方も、一応は進めています。
DSCN06350001.jpg

前回とパッと見変わりないですが・・・(汗)
ディテールもちょこっとですが入れ始めました。
チョコチップ?

左肩アーマーのチョコチップ・・・じゃない、突起は設定を参考に貼って見ましたが、バランスがどうも難しくて・・・; ̄  ̄
普通の流し込み接着剤だとラッカーパテを溶かしてしまうので、リモネン系のやつを使っています。
ダー〇ンの頭の中

モノアイスリットはプラ板で少し狭くなりました。
内部メカとアンテナには1/700艦船パーツを少しだけ。
口はスリットプラ板でも良かったんですが、エッチングノコ(0.1mm)のランナーを切って、プラ板とサンドイッチで積層フィンに。
DSCN06370001.jpg

仮止めもしていないので衝撃ですぐ外れますが、おじいちゃんの入れ歯が飛び出すみたいでちょっと楽しいかも^^
DSCN06380001.jpg

右ヒザのサポートジャッキは設定がすごくかっこいいんですが、旧ザクにはどうもかっこよすぎる(笑)気がするので、HJ掲載の初期画稿を参考に、武骨な感じにしてみました。
DSCN06410001.jpg

ABSの流用パーツと真鍮線の組み合わせで、プレート部が左右にもスイングします。
自分なりに「ダサかっこいい」を目指してみましたが、本当に難しいです・・・センスがない人間がやるとただの「ダサダサ」になってしまう、ということか・・・う~~ん、奥が深い・・・; ̄  ̄
DSCN06390001.jpg

スナイパーライフルを放っといてなぜか第二兵装;^^
ザクバズーカをちょっといじっただけですが、ゲリラっぽいロケットランチャーになりました。
DSCN06460001.jpg

丘の向こう側を通過中のビッグトレーを、放物線弾道で攻撃しようとするザクⅠの図。
今回はなんかウェザリング系が似合いそうな気がしますね~
ほとんどやったことないんですが・・・(汗)
[ 2006/10/02 02:01 ] ザクスナイパー | TB(0) | CM(2)

バナーについて

数少ない当サイトの訪問者の方の中には、TOP絵の下のバナーに気づいた方もおられるかと思います。
先日makさんのサイトにお邪魔した時に「広島ドッグパーク崩壊」のことを知り、現地で救護活動をなさっている「アークエンジェルス」様のHPへのリンクを貼らせて頂きました。
仕事の方で「愛犬の肖像画をガラスに彫る」ことがあるので、今まで多くの飼い主さんとメールのやりとりをしましたが、皆さん本当にワンちゃんを家族同然に思っていらっしゃるのが伝わってきました。
多くの愛される犬がいる一方で、あのようなひどい環境に置かれる犬も数多くいる・・・
多少なりとも犬に関わる仕事をする者としてはなんともやりきれない気持ちになります・・・
うちの場合、心臓の悪い老犬にはもう使えない犬用シャンプー(お湯でも体が濡れると危険だそうです)などが結構余っているので、他に要りそうなものを買ってまとめて送ろうと思います。
もし少しでも援助をしていいと思われる方がいらしたら、「アークエンジェルス」様のHPにアクセスしてみて下さい。
一頭でも多くの子が救われることを願っています・・・
[ 2006/10/02 00:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)