上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちまちましてます

どうも済みません・・・またまた間が空いてしまいました・・・

寒さが緩んだと思ったら、暴風雨やら地震やら天災が続きますね~
・・・まあ、暴風雨のほうはごく個人的な被害だったんですが;^^(屋外のコンプレッサーにつけた屋根が破損)、地震は大変だったようで・・・
骨董屋さんで「人間国宝」作の焼き物が全部割れた、というニュースを見ましたが、こっちで大きな地震があったらガンプラはどうなるやら・・・(神戸の震災のときはプラに目覚めてませんでした)
比較的近い滋賀の某有名模型店さんは大丈夫だったんでしょうか・・・

現在のFZの状況は~
DSCN13390001.jpg

こんな感じです。
パッと見全然進んでないように見えます・・・まあ、実際進んでないんですが(汗)
目立たない部分のディテを中心にやっていたもので;^^

DSCN13280001.jpg

ノッペラボウにした足の裏はこのように・・・
やっぱりセンスねぇなぁ・・・T T

DSCN13360001.jpg

スカートアーマーの裏も埋めました・・・かなり適当ですけど(汗々)
プラ板の一部は塗装後にはめ込むようにしています。

DSCN13420001.jpg

脇の下の「ブチ穴」はインスト絵にあったものです。
胸部サイドの2本線がブ厚いですね~ 後で直します・・・;^^
スカートのスラスター(?)を市販パーツに。
フンドシ下部のそれを2重構造に。

DSCN13460001.jpg

上腕は前後が湾曲した平面、左右が曲面になりました。
MGフリーダムなんかの上腕が比較的近い形状かも。
ヒジ装甲裏のカバーも制作。

DSCN13480001.jpg

バックパックがのっぺらぼうですが、ここはパーツの買出し待ちで。

DSCN13500001.jpg

モノアイスリットの横の切れ込みが深すぎたので、少しだけプラ板で埋めました。
スパイク基部、胸の棒状モールドはデザインナイフの刃を前後逆に装着し、各面を砥石で砥いだもので彫っています。
横の面まで砥ぐと切れ味が格段に上がる気がします。

DSCN13430001.jpg

足の動力パイプの芯は、スプリングの中に針金ではなくワイヤーを入れています。
適度な弾力があって型崩れしにくいですが、ヒザの曲がる角度は若干制限されます。
足の前側のアポジモーターはもはや定番のICパーツ。
すごく便利ですが、ぜ~んぶこれでやっちゃうと単調になる気がしたので、スネ横やフクラハギのスラスターにはあえて使いません。

DSCN13560001.jpg

バズーカのディテUP。
HGザクを尊重するのかF2に近づけるのか中途半端な気も(汗)

DSCN13590001.jpg

ヒートホークは刃がどうもぐらぐらしていたので、思い切って作り直しました。

もう少しディテを入れてからサフに入ろうと思います。
そろそろ完成に向かわないと本格的にマズイですからね~
スポンサーサイト
[ 2007/03/26 00:56 ] ザクFZ | TB(0) | CM(9)

じたばたしてました;^^

どうもプチ放置癖がついたような気が・・・(汗々)

ここの所何をやっていたかといいますと、なぜかコジマ塾の直前になると増えるオーダー仕事を片付け、空いた時間にちょこちょことFZのディテールUPなどをやっておりました。

仕事が一息ついて、塾に持っていく前に捨てサフくらいは吹いておこうとZⅡを出してみると・・・・

ゆ・・・ゆがんでる・・・そこもここも・・・↓↓orz↓↓

一気に作ろうとしていた時は全然気付かなかったのに、時間を置いて冷静になって見ると、シンメトリーがちゃんと取れてない部分が結構あるんですよね~T T・・・
とりあえず一番目立つ胸部上面だけでもと思って、一度作ったパーツを3分割して

処理→貼り付け→バランス見る→失敗・再分割

を何度も繰り返しました・・・ええ、もう誇張じゃなく半ベソかきながら・・・
少しはましになったと思いますが、まだ修正箇所は残ってます。
まあ、あの時あせって完成させなくてある意味良かったともいえるので、そんなに落ち込んではいないんですけどね。

で、今日は(もう昨日ですけど)私にとって2回目のコジマ塾に参加させて頂きました。
詳細は次回書こうと思っていますが(風邪気味で・・・寝たいんですョ・・・すみませんm(_ _)m)、今回は参加人数もメンバーもおそらく過去最大のすごい集まりになりました。
あとでできるだけご挨拶に伺いますが、とりあえず参加された皆様、どうもお疲れ様でした&お世話になりました!

ところで・・・
DSCN13260001.jpg

巨大セイラさん、嫁のもらい手現れず・・・;^^
[ 2007/03/19 01:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)

斧とバズ

暖かい日が続いたかと思ったら、急に朝方氷点下になったりと妙な天候ですが、皆様は体調の方は大丈夫でしょうか?

私は一時のどん底からは抜け出しましたが、制作ペースの方はなかなか・・・(汗)
昨晩は作業に一区切りつけて撮影する直前、とんでもないミスをやらかしてしまい、リカバリーに午前4時くらいまで起きてましたT T
「瞬着はがし」ってABSを侵すんですね~ 知りませんでした・・・

DSCN12630001.jpg

腕の関節部はザクスナのまま、ってのも寂しかったので、角を丸めるなど簡単な形状変更をしました。
上腕はFZのキットに近い形状にしましたが、C面をどうしましょうかね~
私のレベルでは(汗)こういう凸凹形で綺麗にC面を出すのは難しいと思うので。
パケ絵を見ると上腕は円筒形のようなので、もっと丸くしちゃうのもありかも?

DSCN12740001.jpg

ヒートホークはブレードをプラ板の削り出しに。
動力パイプはシンチュウ線+ツブシ玉。
この色のツブシ玉は「ユザワヤ」にはなくて「丸十」で購入。
手芸店ものは、同種のパーツでも店ごとに結構バリエーションがあります。

DSCN12730001.jpg

柄を長くしたので、「ポケ戦」で印象的な両手持ちも結構さまになっているように思います^^

DSCN12750001.jpg

バックパックのメインバーニアはこんな感じで。
セットすると基部はほとんど見えないんですが、なんか遊んじゃいました;^^
ボークスで買ったシステムバーニア(アドラーズではありません)のインナーに、ICパーツ、先日買ったネジパーツ、アドラーズのパイプ、ツブシ玉をくっつけただけ。
買ったものを組み合わせただけでこんなのが出来るとは、いい時代になったもんですね~(それだけにセンスのなさが・・・うぅ・・・)

DSCN12670001.jpg

ヒートホークの装備位置はシールド裏とかも考えたのですが、結局バックパック横に落ち着きました。
ケンプファーのバズーカもここら辺ですし;^^
反対側にはザクバズーカ。MGのF2並とまではいかなくても、もう少しディテは欲しいですね~

DSCN12660001.jpg

胸部パーツを少しだけ下にボリュームUP。
胸部中央のコックピットハッチはエポパテ。周囲に軟膏塗ってエポパテを詰めて、半硬化で外して荒整形、戻して完全硬化後、再度外して整形。
腰の動力パイプを前回より短く、タイトに。フロントスカートの位置を調整してより「締まった」印象に?

DSCN12650001.jpg

最終生産型にザクバズーカは?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、オッゴなどの例もありますしね~
ゲルググ並の推力を持ちながら搭載燃料が少ないことと、一年戦争末期ということで連想したのが、片道分だけの燃料を積んで出撃した「神風」特攻隊。
それなりに高性能な機体に旧型の武装と未熟なパイロットを乗せて、「バズーカを撃ち尽くしたら、敵艦に取り付いて自爆しろ!」などという命令を出したジオン司令官も、ひょっとしたらいたかも知れません。
ケンプと同じ位置にザクバズだと、よりショボさというか、悲哀のようなものが感じられる気がします・・・
[ 2007/03/11 00:13 ] ザクFZ | TB(0) | CM(5)

♪地獄を見れば~心が渇く~♪

いつの間にやらもう3月・・・
まだ今年の完成品が出ていないことに危機感を感じております(汗)

いろいろあって体調ちょっと崩れ気味ですが、なんとかプラは触れるようになってきました。
DSCN12540001.jpg

足はラインの調整中。
フクラハギの上部にパテを盛ってふくらみを少しなだらかに。
足の甲は位置を少し奥に引っ込めて、それに合わせてソール上部も削りこみます。
DSCN12530001.jpg

太もも内側は大穴が開いていたのでエポパテで埋めました。
ヒザアーマーは切り離して、定番の関節ブロックに接続。
DSCN12550001.jpg

これもまあ定番ですが、前腕のバルジを開口して市販の丸モールドを埋め込み。当然ここには別のパーツが入ります。
左サイドスカート部は設定ではマガジンケースになっているようなので・・・
DSCN12560001.jpg

シンチュウ線で開閉できるようにしました。
中には予備弾倉が入っています。
今はわりとぴったり閉められますが、塗装後はどうなるやら・・・
DSCN12580001.jpg

シールドは前回もちらっと写ってましたが、キットのものとHGザクのものを組み合わせて制作します。
縁の部分のディテが悩みどころになりそうですね~
DSCN12600001.jpg

後期型ザクマシンガンはまたしてもジャンクから発掘;^^
HGリックドムⅡのものです(本当にたまたまあったんですよ・・・汗)
下はキットのもの。
キットの方がかなり大きいですが、厚みはHGと同じか、むしろ薄いぐらいなので、ものすご~~く薄く見えます;^^
銃口下のグレネードのみキットを使うことにしました。

DSCN12490001.jpg

頭部モノアイは最初もっとレールっぽいものを作っていたんですが、こんな感じになりました。
モノアイ本体は手芸パーツのヒートンとパイプ状パーツ(名前忘れた;^^)でもちろん可動式♪
サブカメラはツブシ玉とアルミ管、それに買ったばかりのICパーツで構成。
ICパーツにはあとでクリアーグリーンを塗ったスチールボールを付けようかと思ってますが、サブカメラにはちょっとデカすぎですな;^^
DSCN12500001.jpg

モノアイというよりほとんどスコープドッグ?
でもなんか気に入っちゃったんですよね~
動力パイプはシンチュウ線+スプリング+ツブシ玉。
基部のみアドラーズのアルミパイプ(だって高いんだもん・・・;^^)
FZの口は普通のザクのようなフィンではなく四角い口の2重構造のような感じになっています。
カッコよさという点では微妙ですが、せっかくなので2重口を作ってみました。

まだ形状が出ていない所が残っているので、本格的なディテUPはそれからになります。
↑は我慢できなくてちょっとだけやっちゃいましたが;^^

引き続き頑張ります~
[ 2007/03/03 23:24 ] ザクFZ | TB(0) | CM(7)