ただのザクとは違うのだよ!

・・・作ったのはただの素人モデラーですが;^^

というわけで、すっかり遅くなってしまいましたが
HPの方にアクトザクをアップしました^^
一応、追加武器なんぞもありますので
お時間のある方は寄っていって下さいませ♪
actzakupro18.jpg
専用ヒートホークは、ザクキャのビッグガンのグリップ、HGザクのマシンガン等とプラ板で製作。
あ、作ったのは帰ってきてからです;^^
素組みF2と同時進行で。
actzakubase.jpg
で、静岡に出発する当日になってふと思い立って作っちゃいました;^^
いざ立たせてみると、アクトが文字を踏んでいて読めない!!
ま~ちょっと考えれば予想できる事でしょうけど(汗)
でもほとんどの方は見えなくても分かってくださったのがうれしかったり^^

もしMS-Xの話が進んでいたら、アクトザクは果たしてザクらしく「やられメカ」だったのか?
いくらヘビーガンダムが相手とはいえ、マグネットコーティングまで施されてるんだから、
もっとこう、シャアザクやグフのような「序盤の強敵」扱いでもいいのでは・・・
と思って↑の文句を入れてみました;^^

次回作は「素組コンペ」用のF2です。
実はもう塗り終わって、これからスミ入れだったり;^^
締め切りまではまだ間があるので、他の作品も少し進めようかな~
[ 2010/05/31 02:34 ] アクトザク | TB(0) | CM(6)

2回目、そして重コン

さて、すっかり旬を過ぎてますが2回目いってみます。

キャラクター系?というんでしょうか;^^
スケールものに比べると数はやや劣勢ですが、
超絶かつ個性的な展示が多く見られましたね~

インパクト抜群だったのはやっぱりこれ!
ramda2.jpg
「ラピュタ」じゃなくて「ルパン3世」に出てたほうのラムダというメカ^^
ホビーショーではもはや名物となっている展示らしいですが、
生で見たのは初めてで感動しました
ramda1.jpg
劇中の可動機構を全て再現するだけでも十分人間離れした神業ですが、
この二つ頭のヤツはアニメの作画ミス(?)で顔の形状が2種類あったので2体丸々作られたとか・・・
ramda3.jpg
実は主役はこの人形なんだ、とか・・・
見ているこちらも寿命を削られそうな膨大な作業の結晶を前に、
実に楽しそうに解説をされていたのが印象的でした^^

chara3.jpg ラピュタといえばこんなのも
どなたでもすぐに思い出すであろう劇中終盤のシーンですね~
dinosor.jpg
恐竜もいつか挑戦してみたいジャンル(沢山ありすぎ!)の1つです
chara2.jpg
「SAMURAI 7」の紅蜘蛛。
重装なのにスマートな体型がイイ感じ。
chara1.jpg
ここにもレオさん!
作りこみといい色合いといい素晴らしい・・・
センベエ博士の背中がカッコよすぎです;^^
chara6.jpg chara7.jpg chara8.jpg
ti0719さんの超絶SD作品群。
まだまだ一杯あったけど、何故かまともに撮れた画像がA.O.Z.つながりという不思議;^^
chara4.jpg
MHはちょっと少なかったような・・・
自分好みにいじり倒しにくいせいでしょうか?

そうそう、これを忘れちゃいけませんね^^
turnx1.jpg
1/100のフルスクラッチ・ターンX!!
拙作の1/144を製作する時に、ある方からいただいた資料の中にあったんですが
確かモデグラの作例だったのかな?
まさか実物を見られる日が来るとは思いませんでした
turnx2.jpg turnx3.jpg
HJ誌の作例よりオリジナル方向に振られていて、それがまたカッコいいんだ

obake2.jpg obake1.jpg
これもある意味模型?最も異彩を放つブースでした;^^
右の白い彫像風のモデルはビルバインかな~

bigcar2.jpg bigcar1.jpg
1/1の模型・・・というより実車もありました。
右のはイグルーに登場した「サウロペルタ」とかいう車両らしいです^^
bigcar3.jpg
あ、これは企業ブースの方で見たヤツですね;^^
やっぱり沢山の方がかぶりつきで写真を撮りまくってました♪

bandai1.jpg bandai2.jpg bandai3.jpg
バンダイブースはとにかくず~~~っと混雑していて、ほとんどまともに写真が撮れませんでした。
まあ、いずれ製品が出る事だし、初期の試作品についてあれこれ言う事もないでしょう;^^
ただジム改は、できれば完全新規金型で出して欲しいなあ・・・
jieitai2.jpg jieitai3.jpg

建物の外には自衛隊の車両も。
兵員輸送車両?には実際に乗る事も出来ましたが、思ったより快適でしたね^^

他にも色々な作品や宴会などの画像も撮りまくったんですが、ほとんど使い物になりませんでした

宴会の2次会はちょっとしたアクシデントがあって(汗)
画像どころではなかったし・・・;^^

まあ改めて振り返っても、特濃な1泊4日でしたね~
帰ってからもちょっとバタバタしていたんですが、ようやく落ち着きつつあります;^^

で・・・
[ 2010/05/26 01:22 ] イベント等 | TB(0) | CM(0)

♪うぃ~あ すた~~~ず♪

いや~、未だにほとんど挨拶回りもせずに申し訳ありません

静岡で撮った画像をようやく見返してるんですけど・・・

ダメダメだなあ・・・構図も角度も・・・
手ブレもしまくりだし・・・

すでに他でほとんどの画像は既出でしょうけど、
自分があの場にいたのが夢でないと確認するためにも
ちょっと出しておきますね;^^

とにかく全ての作品が素晴らしかったので、どれかをピックアップするなんてとても出来ません(汗)
比較的手ブレの少ないものを優先して載せます;^^
mnc13.jpg mnc14.jpg 
凄まじい高密度の作品が並ぶNMCブース。
こんな中の一角に拙作を置かせて頂けてうれしいやら恐ろしいやら・・・
後で見ると「一角」どころかすごくイイ位置に・・・
mnc4.jpg mnc3.jpg mnc2.jpg
時間が前後してるので本展示の時とは並びがちょっと変わってますが、
上の段の和茶さん、かながわさん、えーたさん、bossさんの並びなんか
いかにも「MSV」っぽくまとまった感じですよね♪
一方・・・
mnc5.jpg mnc6.jpg
スイマセンこれは完全に私めの失態です(汗)
多分、Takuyaさんのガンタンクと場所を入れ替えていれば
もっと展示にまとまりが出たと思いますが・・・
mnc11.jpg mnc10.jpg mnc9.jpg mnc8.jpg
mnc7.jpg mnc16.jpg mnc15.jpg
雑誌作例にモデサミ上位作品に・・・と、どれをとっても失禁モノの傑作ばかり。
一応全作品を撮ったはずですが、カメラのピントが合う前に人にぶつかってブレる事数え切れず
そりゃあ、これだけの作品の上に、向かいが
pooh1.jpg pooh2.jpg  pooh5.jpg POOH熊谷さんと
wild1.jpg wild2.jpg WILDRIVER荒川さんだもの;^^

大渋滞も起きますよね~

そしてやはりドロス!
doros1.jpg doros2.jpg doros5.jpg
滅多に正面に入れず、入ったとしても次々に人がやってきて
あわててヘンな構図ばかりのブレまくり・・・
doros4.jpg doros3.jpg
しかしドロスが沈む直前の情景ということで、連邦の攻撃を受けて揺れている艦内と思えば・・・
ってダメですかそうですか

本当にどこから見ても、どこを見ても隙のない大作でした^^


さて、全体を見回すと「模型のジャンルってこんなにあったんだ」と驚くほど多岐にわたる作品群が展示されていましたが、多かったのはやはりAFVでしょうか。
riku1.jpg tank6.jpg
riku2.jpg 言わずとしれた情景王、山田卓司先生の作品も^^
tank3.jpg tank4.jpg
「とにかくすごい事やってはるわ・・・」とは分かるんですが何分無知なもので・・・
AFVのディオラマは情報量がすごくて、数点見るだけで脳から湯気が立ちそうになります;^^

エア系も質・量共に凄まじかった・・・
air5.jpg air2.jpg石坂浩二氏の作品も
air7.jpg air6.jpgプロペラがぐるぐる回ってました
air3.jpgこんな所にもレオさん!
air8.jpg
この全金属の化物を最初「ミ〇ーフィニッシュ全貼り?」とか思ってしまった時点で、
自分の目を抉り出したくなりましたよホント
air9.jpg air10.jpg
自分がやってる事って、まだまだ薄っぺらだなあ・・・と。

艦船系もすごいのが色々あったんですが・・・
yamato2.jpg yamato3.jpg yamato4.jpg
やっぱりコッチが気になっちゃいました;^^
 
submarine.jpg submarine1.jpg潜水艦の中っぽい照明がいい雰囲気^^
starship2.jpg starship.jpg本気の造形にしてネタ満載♪

宇宙船といえばやっぱり・・・
sw10.jpg sw7.jpg sw8.jpg sw9.jpg
「映画で実際使ったでしょ!」と言いたくなる作品ぞろぞろ。
 sw4.jpg  sw3.jpg

↑1日目はデス・スターだと思い込んでました(恥)
ホテルで「全然違うやん!」そんな似非ファンの自分;^^

sw5.jpg sw1.jpg sw2.jpg
この解像度で何かガンプラを出来たらなあ・・・

kuusou1.jpg kuusou2.jpg
ジャンクを使って全く新しいメカを造形するって、見ているだけで楽しくなりますね♪
難しそうだけどやってみたいなあ・・・材料は山ほどあるし(爆)


あ~~~もう!まだまだアップ出来てないですね~
もはや誰も期待してないと思いますが(汗)
続きは次回ということに;^^

で、タイトルの・・・

[ 2010/05/23 02:34 ] イベント等 | TB(0) | CM(10)

バック・イン・ビレッジ

帰りのバスを降りると出発時とはすっかり気候が変わっていたので
おらが町によく似た別の場所に来たのかと思いました・・・

というわけでただ今、無事に静岡から帰還致しました!



・・・無事というか、体のあちこちが痛いですが・・・


往復とも夜行バスってのは一生に何度も出来る事じゃありませんね~

とにかく規模の大きさと参加者の皆さんがやってる事のすごさ、
それに見物のお客さんの多さにすっかり圧倒されっぱなしの二日間で
正直2日目の午後はかな~~りヘロヘロでした

会場でお会いした方々、
大きな箱(ガイアが入ってました)の入ったバッグを抱えて
ウロウロしていた不審な男がもし失礼な事をしたり言ったりしていたら
どうか勘弁してやって下さい(;_ _)
普段はもうちょいシャキッとしてると・・・でもないか

今回も、数え切れないぐらいの方々にお世話になりっぱなしで申し訳ないです
レポや挨拶回りはまだですが、とりあえず寝ます・・・

寝る・・・

ただ「目を閉じて休む」じゃなくて

寝る

ああ・・・

なんて甘美なひびき・・・
[ 2010/05/17 14:08 ] イベント等 | TB(0) | CM(7)

クラッシュ&ビルド!

さあ、いよいよ静岡への出発まであと1日となりました!

あ、私は三宮から夜行バスで行くので金曜夜に出発なんです;^^
ちなみに帰りも夜行なんで・・・

一泊四日の超弾丸ツアーに
帰ってきた時には相当ゾンビ化が進んでいる事でしょう


それはそうと、昨日は晴れたり突然雨が降ったりと微妙な天気でしたが、今日も良くない予報だったので除湿機をかけてトップコートを強行しました。
レギュレーターの方にも水が溜まってきていたので、一度外して水を捨てて再度取り付け。

で、運転再開してみるとシューシューいうばかりで圧が全然上がらない・・・

どこかからエアが漏れているらしいのですが、手をかざしてみても一向に場所が特定できず、とにかく思いつく限りの場所を締めたり緩めたり・・・

その時妙な手応えが?
全く音もしなかったんですが・・・

regyuore.jpg

お、折れた・・・

BMCタガネも折った事ないのに!

2個あるうちの圧力計付きの方だったんで、6千円弱が一瞬でジャンクに
まあ、コイツの圧力はあんまり当てにはならないんですけどね;^^
メガサイズのガンダムを買って積んだと思えば納得・・・

できるかああああああああっ!

そんな犠牲のかいあって(?)
アクトザクは一応展示できるかな?という状態にはなりました。
actzakupro17.jpg
↑以外にも色々失敗とやり直しがありましたが・・・
トップコートは結局仕事用コンプで仕上げました。
今回粗がホントに多いのでガン見は厳禁です(汗)

さて、後は展示と色々持っていくものの準備ですね~
向こうでいろんな方にお会いするのが楽しみです♪
[ 2010/05/13 00:24 ] アクトザク | TB(0) | CM(6)

地味~にサフ前

この間まで寒い寒いと思っていたら、

今日の部屋の気温は26℃てアンタ・・・
春はドコに逝っちゃったんでしょうね~;^^

改めてもう5月なんだと認識・・・5月!!

ちまたでは静岡組の作品も次々と完成間近の報告が・・・

しかも皆さんスゴイんだわ・・・
ウチの拙アクトが並ぶ事を考えると・・・

そのアクトは現在サフ前の洗浄→乾燥待ちの状態。
相変わらずアクロバティックなスケジュールですが(爆)
死なない程度の死ぬ気で頑張れば、なんとか間に合うんではないかと;^^

では工作箇所をちょっとだけ↓

actzakupro12.jpg actzakupro7.jpg
モノアイ基部は、最近神戸ボークスに置くようになった
「Hi-Qパーツ」のアルミパーツとミニ4駆の金属パーツで構成。
今回はムクではなく塗装します。
顔横のパイプはモビルパイプとスプリングで。
実はパイプのコマの1つが側頭部のブロックに接着されています;^^

actzakupro8.jpg actzakupro9.jpg

バックパックはザクF型を買おうかとも思いましたが、
結構形が違うしお金もないしってことでザクキャベース;^^
アンテナ基部は色で分かると思いますがHGUCサザビーのファンネル(収納状態)
で、そのファンネルコンテナの3つ並んだ基部を切り離して、
並べ替えてバーニア基部に使いました。
動力パイプの芯にはランナーの丸い角の部分を使う事で
左右同じ程度の「曲がり」を簡単に作れます♪

actzakupro11.jpg actzakupro10.jpg
脚部左右のふくらみは、大昔エア缶接続の
「プロスプレー」で塗ったMGνガンをリサイクル;^^
画像ではちょっと隙間がありますけど、
塗装後接着するともっとピッタリになるはずです・・・多分(汗)
後部のシイタケも、実はキュベでボツにしたものを再利用♪
足首の半球はマスターガンダムの肩。
内側は、確かジャンクで手に入れたエヴァF型だったかな?
actzakupro15.jpg
ビームライフルはバレル部をゲルググ2.0に交換してディテUP。
下部の(ハイザックでは)Eパックの部分には元々冷却ガスか何かが入っていて
ジムのスプレーガンよりはちょっとマシ、程度の性能だった。
コンパクトにまとめられた構造自体は優秀だったために
戦後フレームだけを流用してハイザック・マラサイ用ライフルを開発・・・

みたいなイメージで;^^
actzakupro13.jpg
ライフルだけじゃやはり寂しいので、ブルバップ・ガンも製作。
HGガンタンクの腕と、スティレットの背中に付いていたジェットユニットがベース。
GFFより大型ですが、コイツはザクキャの「ビッグガン」と同様
「ガン」という名のロケットランチャーと(後付け)解釈;^^
マガジンもビッグガンのものを太らせています。
actzakupro14.jpg
ランチャーとしては破格の連射性能を持つ他、後部のスイッチをひねってダクトを閉鎖し専用のケースレス弾を装填する事で、高初速の砲弾タイプの弾も発射可能。
低速のロケット弾に目を慣らしておいて、いきなり砲弾で攻撃・・・なんて展開を妄想してみたり

で、立ち姿です↓
actzakupro16.jpg
両手に武器を持ってもまだ地味(爆)というのがある意味アクトらしいというか;^^
まだやる事は山ほどありますが、追い込み頑張ります!

[ 2010/05/05 01:51 ] アクトザク | TB(0) | CM(7)