頑張れ!ぼくらの・・・2

さて、誰得かよく分りませんが続きを。

(しいて言えば俺得?ブログに上げるという目的がないと、撮っただけで満足して見返さないような気が・・・)

hyuuga15.jpg hyuuga22.jpg
船上で作業をする消火車やクレーン車も展示されていました。
座っている防火服は全く動かないので服だけを展示しているのかと思っていましたが、
あとで別の方のレポを見ると、ちゃんと中に人がいたんですね;^^
暑かっただろうな~
hyuuga23.jpg hyuuga24.jpg hyuuga25.jpg hyuuga26.jpg
甲板には2機のヘリコプターが展示されていて、内部に入れるということでご覧の通り長蛇の列が。
こちらは確か、SH-60Jという機種だったと思います。
右側面のミサイルっぽいのはMAD(磁気探知機)だそうです。
hyuuga29.jpg hyuuga19.jpg
船上にはいたるところに様々な形のアンテナが。
BSや地デジ、ドコモのアンテナまであるのか・・・
hyuuga27.jpg
こ~んないかつい球状のアンテナをよく見ると・・・
hyuuga28.jpg
究極にシンプルな注意書き^^なんかほほえましい。
hyuuga31.jpg hyuuga32.jpg
ミサイル発射装置は、あまりにもあっさりした外観で最初は見落としていました;^^
セル一枚の大きさはマンホールよりちょっと大きい程度。
こちらもイメージしていたより小さい印象でしたね~
hyuuga30.jpg hyuuga36.jpg hyuuga33.jpg
一通り甲板を歩いてから、自分もヘリ搭乗体験の列に並ぶ事にしました。
こちらはSH-60Kという機体。
hyuuga38.jpg hyuuga37.jpg
蜂の巣のようなフレア発射装置とFDR分離ユニット。
多分「フライトデータレコーダー」の事だと思うんですが、万が一撃墜された時はこれが回収されて貴重な情報を伝えるのか・・・
本当に命がけの職場だなあ、と実感。
hyuuga34.jpg hyuuga35.jpg
機内はそう広くはなく、立つと天井に頭をぶつけます;^^
hyuuga40.jpg hyuuga41.jpg hyuuga42.jpg
こちらは全体像を撮り損ねてしまいましたが、もう現役を引退した機体。
ロゴマークがカッチョいいです^^
hyuuga44.jpg hyuuga45.jpg hyuuga43.jpg
格納庫内の様子。
ヘリが甲板の方に出払っているためもあってかなり広々。
hyuuga39.jpg
なんともカワイイ♪清掃車。
hyuuga46.jpg
航海中の体力維持かストレス解消?のため
サンドバッグなんかも完備。

いや~、1時間ちょいの乗船でしたが、いろんな物を見られて大満足でした^^
こうしたものが活躍する機会は(自然災害にしても万が一の武力衝突にしても)
ないに越した事はないのですが、そうした事態に備えた装備があり、それらを使いこなす訓練を日々積んでいる方々がいるという事実を間近で見ると心強く感じますね~
hyuuga47.jpg
港の建物の「KOBE」の影が写り込んだちょっと珍しい(?)絵。
自衛隊の皆様、引き続き任務頑張って下さい!

あ・・・次回はちゃんと製作記やりますんで(汗)



[ 2012/09/28 00:56 ] イベント等 | TB(0) | CM(2)

頑張れ!ぼくらの・・・1

秋はいろいろイベントがあるので、ウチのような零細でもそれなりに忙しい日々です;^^

そんな中、午後に時間ができたので、ちょっと神戸港にあるものを見に行ってきました。
hyuuga1.jpg
なんでも国内最大級だという、海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」
この日(9/25)がちょうど一般公開だったので、まあ滅多にない機会だし♪
しかし間近でみるとホント、でかい!
hyuuga2.jpg hyuuga3.jpg hyuuga4.jpg
結構日ざしがきつかったので、ちゃんと撮れてるか不安でしたが、まずまずの出来^^(?)
hyuuga5.jpg
甲板にはすでに大勢の人が!
hyuuga6.jpg
時節柄どうかとも思ったんですが、やはり海を背景にひるがえる自衛隊旗の絵には、ぐっと来るものがあります。
hyuuga7.jpg
下から見るとド迫力に圧倒されます。
手荷物検査を受けて、いざ乗船!
hyuuga8.jpg
まず格納庫に通されて、甲板にはなんとヘリ用の昇降機で上げてもらえる!
hyuuga9.jpg
自分の順番が来て奥に進むと、お子さん連れやお年寄りの方、はたまた若いカップルまで・・・
いわゆるミリオタっぽい感じの人は少数派、というかほとんど見かけないほどでした。
自衛隊と一般市民の距離が以前より近づいている、ってことでしょうかね~
(いや、こういうイベント来たの初めてだから以前からこうなのかも知れんけど;^^)
hyuuga10.jpg
動き出すと、やっぱり脳内で流れる「マク〇ス」のオープニング(爆)
駆動音はそれなりにウルサイですが、びっくりしたのは震動が全くと言っていいほどない!
さすがメイドインジャパン^^
hyuuga11.jpg
甲板に出ると、広々としてホント気持ちよかった^^
手で触れてみると、ちょっと柔らかい樹脂のようなものでコーティングしているような感じでした。
hyuuga12.jpg hyuuga13.jpg hyuuga14.jpg
ボコボコのテクスチャーとか、模型で再現するのは苦労しそう・・・

そして1/700ではゴチャメカの素としてお世話になっているアレ↓
hyuuga16.jpg
高性能20mm機関砲(CIWS)通称「ファランクス」。
生まれて初めて見る生のファランクスですよ、生ファラ
(一文字間違えると大変な事に;^^)
hyuuga17.jpg
20mmの砲身は、イメージより実際に見ると小さい印象でした。
これでこの大きな艦の「最後の守り」を担っている事が、ある意味この子の性能の高さを証明してるって事なんでしょうね~
hyuuga18.jpg
この給弾ベルトのウネウネ感がたまりませんな~♪

まだまだ写真はあるんですが、今回はここまで。
続きは後編でアップしますね^^
[ 2012/09/26 01:50 ] イベント等 | TB(0) | CM(2)

秋はもうすぐ?

いつの間にか9月になって、ようやく朝晩は涼しく・・・

と書こうと思ってたら、今日はえらい暑かったですね~

タイミング遅すぎですが(汗)
オラザクの締め切りに向けて頑張っていた皆様、お疲れ様でした。
いい結果が出るといいですね^^

オイラは今年も参加見送りです・・・orz
出せそうなのはデカνくらいですが、あれはやっぱり現物を見てもらってナンボかな、と;^^

そんなことより、今回はZZの2回目。
まあ、あまり進んではおりませんが・・・

kyzz19.jpg
関節構造やプロポーションは基本的に前回のままです;^^
首基部の胸部側のフレームを削り込んで、頭部の位置を少し前に。
背中部分のブルーのパーツをちょっと幅詰めして、肩を後ろに反らすポーズが取れるように。
kyzz20.jpg
前腕カバーの青いパーツはめちゃくちゃ幅広だったので、両側面をカットソーで切り離し、白いパーツの幅に合わせて組み直す(?)構造にしました。
白いプラ材で補修した所が元々の切断面で、側面パーツを少し斜め下にずらしてセットする形になります。(表現下手だな~)
分厚く、重いウイングシールドは軽量化も兼ねて薄く削りこみ。
モールドは必要な分だけ残して完全に消えてしまいました;^^
後部のフラップ(だっけ?)はごっそり切り落として、後でプラ板から作り直します。
基部のパーツも大きすぎるので、約2mm薄く。
中のポリキャップが使えなくなるので、コトブキヤのABSジョイントに変更。
kyzz21.jpg
フロントアーマー、フンドシブロックの形状と位置変更。
サイドアーマーのウイングはFAZZのバックパックから転用。
ヒザアーマーやヒザ横の円盤状パーツ、スネアーマーなどは接続方法や位置を変更していますが、この辺は工作終了時に詳しく解説します。
kyzz22.jpg
バックパックはこんな感じ。
本体は上下幅をかなり詰めて10mm近く薄くなっています。
塗装しやすいように中央で分割した所がむきだしになってますが(汗)あとでちゃんとカバーパーツ作りますんで;^^
ウイングはゼータプラスから流用して大型化。
ここでFAZZ用ウイングが不要になったので、サイドアーマーに移植したわけです。
ハイパービームサーベル/キャノンは強化型らしく大型化。
普通の手では当然持てないので・・・
kyzz17.jpg
AGE-1の4本指交換システムを利用して、指にくっ付いたサーベルを別に用意する事にしました。
真鍮線で固定していますが、塗装後は完全に接着してしまおうかと。
指は第2関節の所で切断して、サーベルに合わせて角度を変えて再接着。
kyzz16.jpg
サーベルの刃はキット付属のものと同じくらいの長さで、よりシャープなPGストライクのものを加工。
デカνの予備サーベルの分がなくなっちゃいましたが、まあ展示で使う事もないだろうし;^^
kyzz18.jpg
ダブルビームライフルは前半分をHGUCベースに変更。
これでもかなり前方が重いので、後部の機首付近に重りを仕込んでいます。
砲身を延長しましたが、プラパイプが軽いのでそれほどバランスに影響ないです;^^
グリップはもちろんAGE-1のドッズライフルから。
kyzz15.jpg
キットのままだと、こんな風に普通にライフルを構えることさえ難しいです・・・
この画像を撮る時も、肩ブロックやヒジ関節の角度を工夫しないとなかなか上手く構えられませんでしたが(汗)
普通のMSの両手に余る武器を片手で軽々と扱える、って感じがZZのパワフルさの表現としてイイんですけどね~
kyzz12.jpg kyzz14.jpg
なんとかシルエットは自分のいいと思う感じに落ち着いてきたかな~
というわけで現在は徐々にディティールや細かい所の工作に入ってきています。
なんか久しぶりの感覚(爆)
[ 2012/09/08 01:18 ] MG強化型ZZ | TB(0) | CM(2)