上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

活用・再利用・自爆

前回はああ言いましたけど・・・

・・・「やっぱりエイプリルフールでした~;^^」って事にしとこうかなぁ・・・(汗)




結論から言いますと・・・まだサフには入ってませんorz
洗浄して現在乾燥中。

また塗装部屋が仕事関係に占領されそうなので、更にペースは遅れそうですね~

では、ちょこっとですが前回からの変更点でも・・・
DSCN2441.jpg

HJ誌のパクリですが、バックパックのバーニアをEXモデルのオッゴ用に交換。
ランナー買いしたものがたまたまあったので;^^
バランスをとるため、左右のフィンもプラ板で延長。
kurozakupro2.jpg

本当にディテUPはサボってるな~(汗)
スネ前面の白いアポジモーター?はナニワネジのハトメとICピンの2重構造。

脚の動力パイプは、素組みだと一つ余るコマを削り込んで付け足し。
特に太もも側がポリパーツむき出しで目立つので隠しています。

フクラハギの細い動パイは、久々に登場のメタルビーズ+0.8mmワイヤー。
ちょっと浮いてるかな?
この路線でいくなら、全身のパイプをブラスにしたり、スパイクやバーニアも金属に・・・
というのが一般的かと思いますが、それだと材料費がスゴイコトニ・・・・;_ _
在庫処理も目的の一つなので、なるべく今あるパーツを活用していきます。

kurozakupro4.jpg

ヒートホークのパイプも、同じくビーズ+ワイヤー。
刃の部分は、エクシアにも使った
「デザインナイフの刃+プラ板」の即席工具で段差をつけています。
腰にマウントするためのパーツは、キットのものがかなりテンションがきついので、
MG・F2ザク用のものを短くして使用。ユルユルですが塗膜には安心かな~、と^^

DSCN2453.jpg

ザクバズの後部とR1ザク1.0のパーツを組み合わせて、ジャイアントバズへの過渡期(多弾倉)タイプを差し替えできるようにしました。
昔改造途中で放置していたヤツなので、スチロール系接着剤をムニュ付けなんかしてました・・・
一応瞬着で処理しなおしたんですが、大丈夫かな~(汗)
DSCN2455.jpg

う~~~~ん・・・・・・ザクのポージングって難しいですね~

で、実はもう一つオマケがあるんですが・・・


kurozakupro3.jpg

・・・出さない方がよかったかな~(汗)

高速で接近して、至近距離からバンッ!!って絵がなぜか頭に浮かんだので・・・
ザクバズのグリップ、ケンプファーのショットガン、コトブキヤのAC用武器などで
ケンプのものより少し大きめのショットガンをでっち上げてしまいました;^^

我ながら、なんて中途半端な作りこみ・・・orz
一応、ポンプ式の弾倉がスライド可動します。

DSCN2450.jpg


・・・・・微妙だ(爆)

銃口には塗装後に金属パーツを入れます。

ということで、今回はこの辺で。

サフ→塗装の時は画像ネタがないので、また更新が滞りそうですね・・・(汗)
[ 2008/04/08 20:59 ] 黒3ザクR | TB(0) | CM(2)

微妙?
なんで~カッコイイじゃないですかぁ
「押し込み強盗」みたいで(爆)

いやいや十分イイ感じだと思いますよ~
[ 2008/04/09 19:40 ] [ 編集 ]

コジマ大隊長さん、こんばんは。

そういえばちょっと背中を丸めたポーズが
「生活に困って強盗でも・・・」みたいな感じ・・・

ケンプの装備を再現するのか、オリジナルでまとめるのか全く考えなしにいじった結果がこれです・・・(汗)
一応「初期型」みたいなイメージですが、もう少し練って工作すればよかったな~、と;^^
今回はもうこのまま塗っちゃいます。

コジマ塾お疲れ様でした。
アンダムさん生で見たかったです^^
次回はもう完成お披露目になりそうですね~
[ 2008/04/10 00:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gpf.blog58.fc2.com/tb.php/111-c61f82ab