上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「fg」が見れない・・・

先日、久しぶりに投稿サイトの「fg」を覗こうとしたら、エラーページが出て見れませんでした。

その状態が数日続いていましたが、ある日見てみると見事復活!
しかも長い間表示されなかったランキングが見られるようになってる?

もしかしてリニューアル工事をやっていたから見れなかったのか・・・とその時は納得したんですが、
次の日になるとランキングは消滅・・・
さらに2,3日経つとまたエラーページに・・・・

えーと・・・結局どうなってるんでしょ?
気が向いたら旧作(デカνとか)をちょこちょこ投稿しようかと思っていたんですが・・・


3日午後6時現在、ページ&ランキング復活・・・
時間帯が関係あるのかな?


それはともかく、日曜のコジマ塾に参加された皆様お疲れ様でした。
静岡の反省や今後の活動計画などのお話もあって、いろいろ考えないといけないなあ・・と。
まずは11月の「アレ」かあ・・・・どうしよう、マジで(汗)

νの続きは腕からです。
verkanyu27.jpg verkanyu28.jpg
上腕がやや短く思えたので、簡単改修で数mm延長しました。
それにより外装の隙間が大きくなったので、プラ板で外装も延長。
ディティールパーツを貼り付けて、上腕が少し太く見えるように。
前腕部の「発動」ギミックは閉じた状態で外装を切り欠き。
前腕先端の白いパーツと、サーベルホルダーの黄色いパーツをそれぞれプラ板で延長して、前腕を少し長く見えるように。
verkanyu29.jpg
キットの手首はそれはもう複雑に動いて感動モノなんですが、重い武器を持たせると耐え切れずにふにゃふにゃになってしまいます。
今回はオラ設定の大型の武器を持たせたいので、ジャンクパーツの手首に「関節技」のランナーで作った軸を打って、以前のMGのような単純な前後スイングギミックにしました。
しかしその後の作業の中で、オラ武器は腰の後ろに接続したアームで支えることにしたので、結果的にあまり意味のない工作になってしまったような・・・
あと、手首の軸が長くなった分を隠すため、カバーをジャンク由来のものに変更。
verkanyu30.jpg
サーベルホルダーのここにストッパーを貼り付けて干渉する各部を削ると、ホルダーをスライドさせた時にサーベルがぴょこんと起き上がります^^
これ、以前どなたかのブログで見たのをうろ覚えで再現したんですが、スイマセンどこで拝見したのか忘れました・・・
「なに人のアイデア勝手にパクッとんじゃ、オラァッ!」と心当たりの方は、名乗り出ていただければ泣いて感謝いたします;^^
あと、前面にネオジム磁石を埋め込んだのは、後述するシールドのマウント方法を変更したためです。
verkanyu31.jpg
これも理由は後々書いていくつもりですが、今回は右腕にもホルダーを装備させています。
左と同じ予備サーベルやグレネードなどいくつかの候補があったんですが、ネモやジェガンと同規格のEパックを使用する簡易ビーム・ガンにしてみました。
Eパックのメガ粒子を開放する最低限の機能しか持たないので、射程や命中精度はお話にならないレベルだが、至近距離の牽制には十分な威力を持つというオラ設定。
今度出るHi-ν Ver.Kaのマシンガンがカッコいいので心が動きますが、かぶらない方がいいかな~
ディティールはもう少し足すかもしれません。

お次は足。
verkanyu24.jpg verkanyu25.jpg
実はカトνのキットは発売後すぐに買っていて、パチ組みで1年近く放置していました(汗)
その結果、他の関節にはほとんど影響がなかったのに対し、この青い○で示した箇所だけが完全にヘタりきってしまい、体を仰向けにするとヒザがプラプラする状態でした。
今頃そうはいないでしょうが、もしこれからカトνを初めて作る方がいれば、後で泣かないためにここの関節だけは強化しておいた方がいいと思います。
自分の場合は「関節技ヘキサパイプ」を削って小さくしたものを埋め込みました。
あまりテンションをきつめにしすぎても破損の危険があるので、適度な保持力を保つように調整。
ピンクで示した部分の切削は、太ももを少し前方に倒すいわゆる「鳥足」工作のため。
雑誌作例でもやっている定番工作ですが、効果は高いと思います^^
verkanyu32.jpg verkanyu33.jpg verkanyu34.jpg
脚部の長さ調節は、最初は「太もも=発動、スネ=通常」だったんですが、他の部分の作業が進んでくるとこちらの方がマッチするということで、どちらも発動モードの長さで統一しています。
ヒザアーマーの大型化、ふくらはぎ側面を閉じた状態にする、スネ前面の延長は、いずれもVer.Kaのやや抑揚に欠けるラインを旧MGやHGのそれに近づけたいと考えての工作ですが、上手くいったのかどうか;^^
スネ前面のフチにエバグリの波板プラ板を使うのは以前から考えていたんですが、実行する前にラッコさんがエプシィで使いまくってた!
内心「やられた、チクショー!」と思ったのは内緒です;^^
verkanyu35.jpg verkanyu36.jpg verkanyu37.jpg
足首はヒザ→スネのラインに乗せるために、球体関節部が少し後方に来るようにしています。
相対的に、足首ソール全体が前に来るのと、つま先の延長が重なって、ソールが長く見える効果が出たと思います。
球体関節には太もも同様エポパテを詰めてヘタリ対策。
画像にはないですが、各部の隙間には可能な限り鉛板を詰め込んで重くしています。
verkanyu42.jpg

長くなったので続きは↓

verkanyu43.jpg verkanyu44.jpg
バックパックのバーニアは市販のアルミパーツに。
実はこれ、依頼者様からデカール等と一緒にお送りいただいたものなんですが;^^
ふくらはぎの4基のバーニアも同様にしたので、もし自分で買うと結構な値段だったんだろうなあ・・・
上面の円筒パーツは、今後作る予定のオリジナル装備の基部になる所です。
おそらくかなりの重量になることが予想されるので、今のところはとにかく丈夫に、大きめに作っています。
今後の作業で強度を確保できれば、もっと小型化するかもしれません。
verkanyu45.jpg verkanyu46.jpg verkanyu47.jpg
バズーカのマウントは、塗装ハゲ対策のためネオジム磁石を使用しました。
引っ掛けるツメも一部残しているため磁石だけで支えるわけではありませんが、バズーカ側の磁石が非常に小さいため、各部を削ったり肉抜き穴を開けまくったりギリギリまで軽量化を図っています。
verkanyu48.jpg
これだけ軽ければ、後でディティールパーツを入れても大丈夫でしょう、多分・・・
verkanyu38.jpg verkanyu39.jpg
シールドは、先端部をプラ板で形状変更したのと、裏側の塗り分け箇所を別パーツ化。
ビームガンの基部は、これ自体というよりシールド裏の塗り分けがしやすいようにプラ材で作り直しています。

あと、どうしても気になったのが、どうもシールドを装備した位置が上過ぎるんじゃないかと。
過去に作ったキットなどと比べても高いような気がします。
ただ構造上、シールド側のマウントの位置をいじるのは難しそう・・・
なので、思い切って腕への接続位置を設定から変えてしまいました;^^
verkanyu40.jpg
前述したとおり、サーベルホルダーの黄色いパーツの内側にネオジム磁石を埋め込んで接続できるようにしています。
これは塗装ハゲ対策の意味もあります。
シールドの上端が肩より少しだけ上に来ている、この位置がベストだと個人的には思うのですがどうでしょう?
verkanyu26.jpg
まだディティールに関してはもう少し作業の余地がありますが、本体は大体こんな感じで。
次回からは、いよいよオラ装備の製作に入っていきます。
[ 2014/07/03 02:31 ] MGνガンダムVer.Ka | TB(0) | CM(7)

これヤバイです、凄いですよ
ホント、ニュー組んだ人なら分かると思います。
ガレキもあるでしょうが、ドンドン突き進んでください。
[ 2014/07/05 08:56 ] [ 編集 ]

いや~もう「流石」としか言葉が出ません。
っと簡単に言ってしまっていまっていますが、
スゴ過ぎてしまって、撃沈してしまいました。
フリークショウさん特有のバランスに、ディテールの入れ方。
まだまだ責めるようですが、もうお腹がいっぱいになっています(^_^;)
既に他に無いVer.ka.νになっていますが、
オラ装備も引き続き楽しみにしています。

そして自分も素組みVer.ka.νを素組みで放置状態で、
自分もかれこれ1年くらいになるのかもりでません(汗)
今回の記事でヒザ関節が心配になって来ました。後で確認してみます。

たぶんフリークショウ版Ver.ka.νの完成を見てしまったら、さらに放置してしまうかもしれません。
しかし、プレバンでVer.ka.Hi-νのHWS拡張セットが出るようなので、
自分のVer.ka.νにでも付けようかと企んでいる今日この頃です。
(たぶんいろいろな方が考えてると思いますが・・・)

[ 2014/07/05 13:34 ] [ 編集 ]

いやぁ〜

ほんまようでけてますな〜。こんなロジカルなかんじでつくれりゃ

っていつもおもってるんですが、うちはいつもえいやっと〜ってかんじなんで・・・

エバグリの波板はディティにつかえますな。

エプシィではいまいちだった部分もあるんでリテイクですなOTL
[ 2014/07/06 23:07 ] [ 編集 ]

>ポッキーさん

先日はどうもお疲れ様でした~
塾のほうでνガンVer.ポッキーさんと並べて比較させていただいたり、最近作ったばかりの方のご意見を伺えたのは、本当にありがたいです^^
ガレキの方は焦って失敗すると取り返しが付かないので(汗)、じっくり取り組んでいきます。
νのオラ装備にはある程度勢いが必要な感じなので、交互にやるとちょうどいいかも;^^

>たけぞうさん

「他に無い」・・・いや~、そう思っていただけたら本当にうれしいです^^
誰かの劣化コピーになるのだけは避けたいと心がけて作業したつもりでも、他人様の目にはどう映るかちょっと不安だったので;^^
ディティールはここから密度を増やすというよりは、バランスを見ながら調整って感じになると思います。

素組みで立っているだけだと結構安定していたんですけどね・・・
ご依頼を請けて作業計画のためにあちこち触っていると、突然ヒザがカクンって(汗)
まあ製作中にヘタリやすい箇所が分かったのは幸いでした;^^

そういえば、HWSって元々ノーマルのνガンダムが装備するものでしたね。
KeitaさんのHi-νが装備していたせいか、最初は疑問にも思いませんでしたが、なぜノーマル用より先にHi-ν用が出るのか・・・
両方に対応していたらうれしいんですが、多分ノーマルに取り付けるのには結構な改造が必要なんでしょうね~
自分にはその気力はなさそうなので、たけぞうさんのHWSが拝見できるのならこれは大いに期待してしまいます^^
[ 2014/07/06 23:33 ] [ 編集 ]

>ラッコさん

先日はお疲れ様でした^^

いやいや、文章にすると短くなるんでロジカル?に進めている風に見えますが(汗)

ウチも実際はえいやっと~、で失敗→修正のひたすら繰り返しなんで・・・
結構カンと根性だけが頼りだったりします;^^

エプシィはリテイクいきますか!
塗装に加えてディティールもとなると、完成度がぐっと上がりそうですね~^^
大変とは思いますが、頑張って下さいv-218
[ 2014/07/06 23:51 ] [ 編集 ]

失礼な言い方ですけどホンマ怪物ですねー(^_^;)

あっ!ども初コメです!

フリークさんのブログは皆さんのコメントもレベル高くて、コメントしてはる方々もレベル高い人ばっかで少し敷居が高いんですが勇気振りしぼってコメントしてみました(笑)

にしても前回のコジマ塾では工作途中ってことでマテリアルが良く分かって食い入るように眺めさせて頂いたんですけど、自分でこう言う感じに作ってみたいと思っても、フリークさんの作品が頭をチラチラよぎって、
あーっ!やっぱ無理やぁー!
ってなるんすよねー(笑)

ズバリ!
フリークさんの作品は目の保養になる代わりに自信がゼロになってしまう!てか凹みます(笑)


完成品の実物は見れないかもですが完成楽しみにしてまーす!
[ 2014/07/07 20:26 ] [ 編集 ]

>けろよんさん

ども!初コメありがとうございます^^

見てくださっている皆様はホント凄い方ばかりなんですが(たまに「訪問者リスト」をチェックして面子のすごさにv-399ガクブルすることが・・・)
本人は全然大した事ないヤツなんで、どうかお気軽にコメントお願いしますm(_ _)m

マテリアルが良く分かって~←良く分かっていらっしゃるw

けろよんさんのナイチンゲールを自分が見た時と同じですな。
「サフ画像より異種キット・マテリアル混在のパッチワーク画像に萌える」派としては、そのように見ていただいてうれしいです^^
しかし、正直言って初のコジマ塾でアレを見せられた自分のほうが凹みまくりでしたよ(汗)

もうすぐ塾の方ではお会いできなくなると思うと残念ですが、これからも「塾仲間」としてどうか仲良くしてやって下さいねv-421
完成は無理かもですが、できるだけ装備まで形にして持っていけるよう頑張ります!
[ 2014/07/08 22:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gpf.blog58.fc2.com/tb.php/313-c37161bf