30ウン年ぶりの・・・

お向かいの建て替え工事の音が、この時間になっても頭の中で響いている気がする・・・

始めにお詫びさせていただきますが、今回もガンプラの記事ではありません。
牛歩で進めてはいるのですが、お見せできる所までいっていない、というのと
撮影ブースをセットする機会がとれなくて・・・

ところで、ここをご覧になっている方の多くはもうご存知でしょうが、
来る11月1日~3日、大阪で「モデラーズエキスポ」が開催されます。

我々コジマ塾も「サポーターズ」枠で参加させていただくことになったのですが、
その際スケールモデルをある程度集めて「コジマ塾スケモ部(?)」的な展示をしようかという話になりました。

自分はといえば、オッサンになってプラモ復帰してからほぼガンプラオンリーで
スケモの経験は皆無に等しい底浅モデラー・・・

しかし滅多にないスケモ挑戦の機会だし、とにかく何かやってみよう!
となると何がいいか・・・戦車もいいけどいまいちモチベが上がらない・・・艦船は技術がいりそう・・・カーモデルはきれいに仕上げるのが大変そう・・・

で、思い出したのは小学生のころ、友達の家に遊びに行った時。
その子の兄貴が作ったという大量の飛行機模型が天井から吊るされている光景でした。

そういえばあれがうらやましくて、後で戦闘機のプラモを2個か3個作ったんだっけ。
もちろん接着剤がムニュッとはみ出たままのパチ組みだったけど。
なんとなく迷彩っぽいことをやりたくて、F-4ファントムにセロテープをストライプ状に貼って緑の塗料を筆でベタ~っと塗り、テープを剥がして
「お~、いい感じだけど何かが違う・・・
なんて事もありましたね~;^^

スケモ素人の自分にはどのジャンルもハードルが高いけど、エアーモデルならモチベを保てるんじゃないか?
というわけで・・・
こんなのを始めちゃいました;^^
f15dj01.jpg
1/48のF-15DJ 航空自衛隊モデルです。
もしかするとこれが最初で最後の戦闘機かもしれない(汗)し、
どうせやるなら一番ベタ・・・スタンダードなネタにしようかと。
ラプターみたいな最近の機体もカッコいいですが、やっぱりオッサン世代的にはイーグル・ファントム辺りはぐっと来るものがあります^^

とにかくど素人なので、どのメーカーのどれが出来がいいとか設計が新しいとか、全く分からない
このキットは中国の「グレートウォールホビー」なるメーカーからピットロードが輸入して販売しているものらしいですが、パラパラ~とめくったモデグラのバックナンバーにこれの米軍Ver.の作例が載っていて、最新の設計で出来も非常に良いという事だったので、これを選択しました。

正直、箱を開けた瞬間に「1/72にすれば良かった・・・」と思いましたが;^^

素人だけど、少しは予備知識を持ってるぞ!
戦闘機はまずコックピットを完全に仕上げて、本体に組み込むのが大原則、と・・・・
f15dj02.jpg
ディティールの緻密さはさすが最新キットだなあ・・・他は知らないけど(汗)
f15dj04.jpg
ん?これは・・・
f15dj03.jpg
・・・はい、大原則をいきなり破っちゃってます(汗)
このキットは機首を仕上げてから本体に差し込んで完成させる設計になっていて、機首パーツの後ろは一部が外装の中に隠れるようになっています。
この隠れる部分の上半分を切除して干渉部分を削り込むと、画像のようにコックピットを機首の後ろから後ハメできるようになります^^
ストッパーの役割をする部分を切除するので、本体と合わせた時に機首の側が少し広がってしまいますが、塗装後に中のコックピットとしっかり接着することで対処できると思います。
f15dj05.jpg
調子に乗って、機体の上下パーツも後ハメにしてしまいました;^^
合わせ目消しなどの作業のしやすさと、後の塗り分けを考えての処置です。
イーグルはエンジン付近をメタルカラーで塗り分けないといけないので。
f15dj06.jpg
エンジンはすごいディテが入っているので、ネオジム磁石で着脱できたらいいんじゃね?と思ったけど、
組んでみたら干渉する箇所があって着脱はムリでした・・・
f15dj11.jpg f15dj10.jpg
あとはなるべく説明書どおりに組んで、気になるところをちょこちょことディテUPしていきます。
機首横のピトー管を金属パーツに変更。
キャノピーの後ろのブレード(アンテナ?)がやたら分厚かったのでコトブキヤの市販パーツを加工して置き換え。
f15dj09.jpg f15dj12.jpg f15dj14.jpg
翼端灯などのライトの箇所をクリアパーツに変更。黒いポッチ(名前調べたけど忘れた・・・)をプラ棒などから新造。
f15dj13.jpg
主翼の後ろの可動部は、内側がフラップ、外側がエルロン・・・だっけ?
まーよく分かりませんが、どちらもえらい分厚かったので削りこんでエッジを立てました。
その際上面のディティールが消えてしまったのでプラ板で作り直し。
主翼後端の突起部は、実機の画像を見ると開口していたので、タガネで彫り込みました。
f15dj15.jpg
機体の上下パーツを後ハメにしたので、20mm機関砲の砲身も内側から後ハメできるようになりました。
f15dj07.jpg
こういう塗装前に組み上げた画像はエアーモデルでは珍しいかもしれません。
まあとにかくデカイ!40cm以上はありますね~
f15dj08.jpg
HGUCのF2ザクを乗せてみると、めっちゃ余裕;^^
詰めれば、3機小隊が同時に乗れそうです。
あ、機首には浮き防止のためエポパテと金属の重りを入れています(数少ない予備知識)。

現在は塗装に入っています。
こちらもガンプラとは勝手が違うことばかりで頭が混乱しっぱなしですが、貴重な経験と思って頑張ります;^^
所詮はド素人なので、目の肥えた方々にはお目汚しにしかならないでしょうけど・・・
小学生の頃の自分に「オッチャンこれぐらい作れるようになったで~^^」と言ってやるつもりで製作しております。

依頼者様方にはご迷惑をおかけしますが、更なるスキルアップのための寄り道ということでもう少しだけお付き合いいただければと思います。
[ 2014/09/17 02:07 ] GWH 1/48 F-15DJ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gpf.blog58.fc2.com/tb.php/315-9410549d