上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また台風?

先日の台風18号は「今年最強」とか言われていたのでいろいろと対策をしていましたが、自分の住む地域は幸い直撃コースから外れて大した被害はありませんでした。
東日本の方は大変だったようですが・・・被害にあわれた方にはお見舞い申し上げますm(_ _)m

・・・と思ったらもう次の19号が。
しかも900ヘクトパスカルって・・・初めて見た、こんな数字
この前のが最強じゃなかったの?

予報ではまたしても関西直撃コースのようですが、また無事に過ぎ去ってくれる事を祈るばかりです。

F-15のほうは予想通りというか、予定より遅れております。
向かいの家の工事は内装の作業に入ったので、騒音は以前よりだいぶマシになりました;^^
が、仕事のほうでちょっと手がかかることがあったので・・・

ところで皆さん、エアーモデルを塗装する前にサフ吹きます?
某知恵袋などを見ると、「モールドが埋まるからサフレス」派がどうも優勢なようで。
一方、ブログなどで制作記を上げている方は、きっちりサフを吹いている場合が多いような気がします。

オイラはうっすらでもサフを吹きたい派ですが、このキットは非常に細かいモールドが入っており、普段のやり方とは違う方法を経験したいのもあって、今回はサフレスでいくことにしました。
f15dj16.jpg
まずエンジン周りの金属色部分を先に塗ってしまいます。
説明書で指示されている謎の白いラインは実機の写真でもネットの作品でもあるものとないものがあって、あるサイトでは「これがあるのが本当」みたいな書き方をされていたり・・・
正直よく分かりませんが、とりあえず説明書を信じてマスキングで塗り分けました。
f15dj19.jpg
空自のF-15はわりと地味なロービジ迷彩なので、いつものベタ塗りではなくちょっとだけグラデにすることにしました。
金属色の部分をマスキングしてから、長い間使い道がなかった(汗)ベースグレーMAXをパネルラインに沿って吹きます。
こだわる人はこの上に補修後の白っぽい線を入れたりするらしいですが、自分がやるとメチャクチャになりそうなので却下;^^
f15dj23.jpg
その後、本体色を吹きます。

CグレーFS36375(指定色)+G・EXホワイト+G純色マゼンタ少量

全体に薄く2回ほど吹いてから、エア圧を落としてハイライト部に色を乗せていきます。
なんちゃってグラデなので最終的にはほとんど分からなくなるかもしれませんが、まあそれでもイイかな、と;^^
迷彩で2色目を塗る予定の所は、下の線を消さないために少し残しておきます。
f15dj25.jpg
で、2色目。

CグレーFS36320(指定色)+作り置きグレー

色の境界線があまりクッキリだと良くない気がしたので、トレーシングペーパーをわずかに浮くように当ててざっくりマスキング。
う~ん、やっぱりグラデはほとんど消えちゃうなあ・・・
f15dj26.jpg
主翼部分はなんとかグラデが残りました;^^
自然光で見ると、思ったより紫っぽい色になってしまったような・・・・
f15dj17.jpg
コックピットの塗り分け、今までやった事がない感覚の作業。
目がかなり疲れるけど、意外に楽しいかも?(この後、もうちょっと塗っています)
計器類は細かく分けられたデカールを一つ一つ貼っていく方式ですが、どうも大きすぎるような?
わざとはみ出るように作っているのかもしれませんが、せっかくパーツに繊細なディテが入っているんだから、ピッタリ収まるサイズにすればいいのに・・・とか思ってしまいました。
f15dj18.jpg
機首下の着陸脚に付いているライト?は全てクリアの1パーツになっています。
ちょうどいい大きさのエッチングパーツがあったので、これにピットマルチを付けてクリアにする箇所に貼り付けます。
その後、シルバー→白の順で全体を塗装。
f15dj27.jpg
ライティングがないので分かりにくいですが、一応中で光を反射します。
ちなみにタイヤは白で塗った後、エナメルのフラットブラックにジャーマングレイを少量混ぜてエアブラシで吹き、乾燥後に白部分を綿棒+ジッポーオイルで拭き取りました。
f15dj20.jpg f15dj21.jpg f15dj22.jpg
エアーモデル素人の自分が一番ビビッていた(汗)キャノピーの塗り分けですが、F-15Jは機体色に加えて赤系のメタリックカラーで塗るよう指示されています。
なんでこんな面倒くさいネタを選んでしまったのか軽く後悔しながら、頑張ってマスキングした後、まずは内装のブラックを塗装。
赤は最初クレオスのカッパーにガイアのクリアレッドを混ぜてみたんですが、いまいちだったのでシルバー→クリアレッドでコート。
f15dj24.jpg
アップで見ると結構粗もありますが、慎重に修正すればなんとかOKかな・・・

実はごく最近のF-15Jの写真を見ると、どの機体もキャノピー枠の赤い部分がなくなって、普通の機体色になっています。
なんでも「赤いメタリックは実戦では目立つから、ロービジに変更しました」ってことのようで・・・

いやもうちょっと早く気付けよという気がしないでもないですが・・・

まあ今回は旧バージョンってことで(いつのどの基地所属、まで再現するのは多分無理ッス・・・)
このままいこうと思います。
[ 2014/10/09 01:05 ] GWH 1/48 F-15DJ | TB(0) | CM(2)

僕はキャノピーをうまくぬれずに苦戦した人間です。

フリークさんの丁寧工作はエアモデルとすごく相性がいいのかもしれませんね!
[ 2014/10/20 09:44 ] [ 編集 ]

>黒猫君

いや~、エアモデルはガンプラの製作法が比較的通用しやすいかと思ってたんですが・・・
実際始めてみると勝手が違って失敗しまくりですわ;^^
スケールの世界は奥が深いです・・・

黒猫君もエアモデル経験者でしたか!
塾でも在庫にエアがあるって人が結構いたし、途中段階でもっと質問しとけばよかったなあ・・・
[ 2014/10/21 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gpf.blog58.fc2.com/tb.php/316-8261ae77