上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見てきました~

以前「コジマ塾の直前になぜかややこしい注文が来る」みたいなことを書きましたが、今回は帰ってくるとFAXが届いていました。

おかげで夢に出てきたのは塾で見た超絶作品ではなく、資料として山ほど見た
 
白い猫・猫・猫・猫・猫・猫・猫・猫・猫・・・

まあ、いつもより早く切り替えられたという意味ではいいんですけど;^^
なんか夢一つ損した気分・・・
 
では、簡易レポ後編です~↓
今度はケースの一番奥の方から紹介します。

DSCN1625.jpg

今回初参加のトヲルさん製作のザクウォーリアです。
コンテストで入賞されただけあって、マッシブなプロポーションとSEEDものではあまり見かけないウェザリング仕上げがものすごい迫力ですね~

DSCN1623.jpg

平助さんの戦車(KV-Ⅱ、でしょうか?無知で申し訳ありません)とジムスナイパー。
ジムスナはMGなのでいかにベースが大きいかお分かりかと思います。
この大きさで粗も手抜きも一切なし(もちろん本体も完璧)!
戦車も素晴らしい出来でした^^
この戦車から後で紹介するドズルザクまで、本当に幅広いジャンルを完璧にこなす引き出しの多さは見習いたいですね~

DSCN1621.jpg

Mrさんのザクタンク。
渋い・・・涙が出るほどに渋すぎです T T
工作もとんでもなく高度ですが、こういう「本物」のAFV調仕上げを見てしまうと、自分が「ウェザやってみました~♪」なんて簡単に言ってしまったのが恥ずかしいです・・orz

DSCN1618.jpg

カケヒ軍曹さんのガルバルディβと「絆」コン参加のゲルググ、ジムスパルタン。
どれも高い完成度でケレン味たっぷり、「高度な技術も実現したいイメージがあってこそ」というのが伝わってくる気がします(その逆も言えますが)。
私はジム初見だったのですが、実物はこんなに小さかったんですね~
そういえば1/144で連邦系をちゃんとやったことってなかったなぁ・・難しそう(←今さらかい)


DSCN1617.jpg

Takuyaさんのガンタンク(フルスクラッチ!!)と、ジェットコアブースター?(無知だなぁ・・・自分・・・)です。
ガンタンクは何度見ても超絶なカッコよさですね~
ご存知の方も多いと思いますが、Takuyaさんはスクラッチの時3Dソフトでバーチャルモデリングをされて、それをゲージに素材を切り出されています。
今回の塾では、その奥義の一端を垣間見せてくださいました^^

DSCN1614.jpg

私はといえば予告どおりガブ・パラス・FZの3点を。
FZ用のベースも作ればよかったかも・・・

DSCN1612.jpg

初参加のぶくこんさんのグフカスタム。
丁寧な仕上げが光る逸品です。
結構手を加えられているようですが、全体に溶け込んで自然な感じに仕上がっているのがいいですね~

DSCN1608.jpg

鈴木頭領さんの超大作ディオラマ。
どこから撮ればいいか分からない程大きいので、まずは正面からパチリ♪
ガラスに映りこんでいる心霊写真は気にしないで下さい;^^
この作り込みにはもう言葉も出ませんね・・・
ちなみに左上の砲台っぽいのは私が持参したチョッパー(汗)

DSCN1611.jpg

これが全体像。
屋根のダクトまできっちり作っておられるのには参りました;^^
頭領さんご夫妻は今回も台車で作品を搬入されました~
ご苦労様ですm(_ _)m

DSCN1606.jpg

ポッキーさんのグフ飛行試験型。
旧キットですが、きっちり仕上げればこんなにカッコよくなるんですね~
人間国宝級の筆塗り仕上げにも注目!

DSCN1604.jpg

こちらはHGUCジムをそれぞれ独自のカラーリングで仕上げる「カラコン」の作品です。
左からポッキーさん、ブラックスマーフさん、コジマ大隊長さん。
いや~、しっかりそれぞれの個性が出ている気がします。
レギュは詳しくは知りませんが、カラーだけで勝負する(コンテストではありません)かと思いきや結構手を加えているのも何というか「らしいなぁ」と^^
どれも素晴らしい作品でした♪

DSCN1602.jpg

平助さんのドズルザク。
繊細なエングレーブに息を呑む超絶作品です。
実物は本当に美しい輝きでしたね~

DSCN1599.jpg

これまた超絶なZIGGYさんの06R。
プロポーションからディテール、カラーリングまでこだわりが凝縮されています。
背面からのアングルがメインということでこのように展示されていましたが、向こう側からもじっくり見させていただきました^^(画像は上手く撮れなかったので・・)

DSCN1596.jpg

今回どうしても見たかった「百鬼」の頂点に立ったキュべ様。
近くで見てもどうやって彫ったの?と思ってしまう細くてシャープなスジ彫り。
会場のライティングで妖しく輝く装甲。
もうね、こんな写真しか撮れないのが情けないですよT T
この凄さは生で見ないと伝わらないと思いました(といいつつ次の百鬼は欠席・・・)

途中から見学に来てくださった黒河さんも作品を持って来て下さいました^^

DSCN1572.jpg

ブログを見ながら完成を待ち焦がれている人も多いでしょう、1/144ストフリの途中画像。
今やっているストフリのライフルを左右非対称にしたのも、実はこのストフリを見ていたからでして・・・;^^
プロポーションの取り方・パーツ構成・ディテールと見ていて参考・・・どころかまんまパクりたい誘惑に駆られる(汗)作品です。無理ですけど;^^

DSCN1576.jpg

「絆」コンに参加されていたセンチザク。
脚部や前腕などは意外なほど1/144FZの形状を残しているのですが、徹底改修と絶妙のバランス感覚で「誰が見ても完璧にセンチザク」に仕上がっています^^
これが出てきた途端、皆さんが一斉に集まってきてちょっとした撮影会に・・・

で、他の方のセンチ作品も次々にケースから出てきました♪
DSCN1574.jpg


カワシマさんの1/144ボール。
元キットはかなり「イタイ」出来だそうで・・・それをMG以上の完成度に高めた力量はさすがですね~

DSCN1575.jpg

Mrさんのセンチジム。
パワードジム改造だそうですが、あまりセンチに詳しくない私にも隅々までこだわり抜いたのが伝わってくる素晴らしい作品です。

で、三体を並べてまた皆さんカメラ小僧状態で(笑)撮影会。
DSCN1569.jpg

私はあまりいい写真を撮れませんでしたが、皆さんのサイトでそのうちちゃんとした画像がUPされるでしょう;^^

この他に、あのnishiさんが完成したばかりのザクVer2.0を持って来て下さったのですが、どうやら写真を撮り忘れていたようです T T
申し訳ありませんm(;_ _)m
素晴らしい作品なので、まだ見ていない方はぜひnishiさんのサイトの方をご覧下さい^^

私が撮った画像はこんな所ですが、皆さんのサイトへ行きたい!という方はとりあえずこちらへ行けば分かりますので(もう知っておられると思いますが;^^)
個々の作品について書いた文には結構いい加減な所もありますので、訂正箇所があったらご指摘よろしくお願いしますm(_ _)m

速攻コースの皆様が魂を燃やして完成された作品の方は、残念ながらほとんど撮り損ねてしまいました・・・T T
27日まで日本橋のGUNDAM'Sで展示されているそうなので、お近くの方は是非お越し下さい♪

[ 2007/05/23 12:45 ] イベント等 | TB(0) | CM(2)

日曜は、オツカレっした~!
願ってたパラスやしっとり仕上げのFZなど
拝見でき、それだけで眼福でした。
(今度ベースのとか詳しく教えてください)

拙作も紹介して頂き、ありがとうございます。
(誉めすぎです(滝汗)
中々思うのが出来ませんが、頑張って精進して行きたいと思います。
今後とも宜しくご教授ください。
でわん♪
[ 2007/05/25 06:19 ] [ 編集 ]

平助さん、こんばんは。
FZは「しっとり仕上げ」ですかぁ・・・なるほど^^
この表現いいですね♪
今度ウェザするときは(いつ?)使わせていただきます^^
多彩な表現方法やベースを含めた「見せ方」など、平助さんの作品は見習いたい点がとても多く勉強させていただきました。
こちらこそ、今後とも未熟者の私をご指導よろしくお願いしますm(_ _)m
ではまた^^
[ 2007/05/26 00:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gpf.blog58.fc2.com/tb.php/67-0a68b029